【静岡県】笠原認定こども園が完成|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
日研トータルソーシング

ホーム > 特集 > 完成特集 > 【静岡県】笠原認定こども園が完成

 

【静岡県】笠原認定こども園が完成
卓越した技術+幼稚園と保育所の統合

笠原こども園


 袋井市山崎地内に市内で初めてとなる公立の認定こども園園舎が完成した。
認定こども園化し、放課後児童クラブを設置することでよりよい教育・保育環境を確保。また、今後の公共施設整備のモデルの一つとして期待も大きい。
現場は市道などに囲まれたスペース。加えて、周辺には幼稚園と保育所の他、小学校と児童館、公民館があるため、登下校時の車両進入時間を調節したりするなど安全を確保しながらの施工となった。


ごあいさつ

袋井市長 原田英之

原田英之

袋井市初の公立認定こども園が完成

笠原こども園の園舎が、笠原地区や保護者の皆さまの御理解をいただき、無事、完成を迎えることができましたことに対し、深く感謝申し上げます。
笠原こども園は、笠原幼稚園と笠原保育所を統合し、こども園化するものでございます。笠原幼稚園は1957年に開園し、また、笠原保育所は79年に開所いたしました。両園とも、地域の皆さまに愛情を持って育てていただきながら、歴史を刻んでまいりました。
このような中、保育ニーズの変化や園舎の老朽化に対応し、よりよい環境で教育・保育を行うため、両園を統合して認定こども園化し、加えて、放課後児童クラブも併設することといたしました。
施設の設計に当たっては、採光などに配慮した温かみのある園舎とし、近接の笠原公民館や南部健康プラザとの調和に配慮するとともに、笠原地区のイメージカラーである緑を屋根の色に取り入れるなど、皆さまに親しみを持っていただけるものといたしました。
本市初の公立認定こども園であり、今後の教育・保育の在り方、また複数の施設の統合という公共施設整備のモデルの一つとして、保護者や地域の皆さまと連携しながら、新たな一歩を踏み出してまいりたいと存じます。
2017年度には、現園舎の取り壊し、駐車場やプールなどの整備と工事が続きます。引き続き、地域や関係者の皆さまの御理解と御協力をお願い申し上げます。

 

    教室内部ホールトイレ

 

工事概要


工事名:(仮称)笠原認定こども園新設工事

所在地:袋井市山崎5093-13

規模:鉄骨造平屋1138平方メートル(保育室×6室、遊戯室×1室、調理室×1室、放課後児童クラブ室×1室など)

工期:2016年7月1日〜2017年2月28日

設計:エコア総合設計

収録建設会社数は14万社!17年1月現在の経審データはこちら

オートデスク 東部
建設工事ニュース、入札情報を網羅した建通新聞のご購読を!
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

[PR] 建通新聞「電子版」活用事例
建通新聞「電子版」活用事例

施工中の物件の話に触れ、アポイントを取る手段に
電子版の情報に基づいてアプローチした案件で受注につなげたことも。

全国空き家相談士協会

企画特集

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 コラム 建築データ 予算情報