【愛知県】2017新たな自転車ネットワーク|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

ホーム > 特集 > 特集 > 【愛知県】2017新たな自転車ネットワーク

(2017/05/10)

 

2017新たな自転車ネットワーク

〜80周年を迎えた桜通からつながる〜

桜通記念植樹

 

 2017年2月、名古屋のメインストリートの一つ「桜通」が開通80周年を迎えた。国道19号桜通は、自転車通行空間整備のモデルとしてもいち早く整備された路線。今後は桜通と接続する伏見通などでも自転車通行空間の整備が計画されている。自転車通行空間の整備を巡っては、5月1日に「自転車活用推進法」が施行されたばかり。80年を経て変わりつつある桜通の姿と、その周辺で進む自転車通行空間整備を取材した。

 

長く桜を楽しめる通りに

 国道19号桜通は、1937年に名古屋駅の移転に併せて開通した路線。2017年2月27日に80周年を迎えた。2月26日には、地域の代表者で構成する実行委員会や近くの小学校児童らが桜の記念植樹を行い、80周年を祝った。桜通を管理する国土交通省名古屋国道事務所は、早咲きから遅咲きまで多くの種類の桜を植えることで、長く桜を楽しめる通りを目指して整備する方針を打ち出している。

 

自転車通行空間のモデル

 一方で桜通は、先導的に自転車通行空間を整備してきた路線でもある。日銀前交差点〜小川交差点の約2`で自転車通行空間が開通している。日銀前交差点〜伊勢町通は自転車道を整備。1車線分を対面通行の自転車道とした。一方、伊勢町通〜小川交差点は自転車レーンを整備した。車道の路肩部分を活用し、幅1.5bの自転車専用通行帯を設置。自動車と同じ方向の一方通行となっている。
整備後の利用の状況は、自転車道を整備した区間については9割が自転車道を走っており、自転車と歩行者の混在がおおむね解消され安全性が高まった。一方、自転車レーンを整備した区間は、レーンを走行する自転車は4割程度にとどまっている。路上に停車する車両がある場合、車両を避けるために車道を走行しなければいけなくなるため、レーンの走行を避けるケースがあるようだ。また、自転車レーンは一方通行となっているため、逆走したい自転車が歩道を走っているとみられる。より安全に走行できるようにしていくためには、マナー啓発などに取り組んでいくことも必要だ。
一方で、歩道から自転車を排除したことにより、歩道をにぎわい空間として活用することが可能となった。公開空地と連携し、イベント空間を設けることなども検討している。

 

桜通から周辺道路へ展開

 自転車通行空間の整備は今後、日銀前交差点で桜通に接続する国道22号、伏見通で新たな自転車道の整備を計画している。対象となるのは、押切交差点〜若宮北交差点の区間。17年度は、押切交差点〜幅下橋西交差点、広小路伏見交差点南〜若宮北交差点の二つの区間について工事を進める。
押切交差点〜幅下橋西交差点の区間の延長は0.8`。また、広小路伏見交差点南〜若宮北交差点の区間の延長は0.6`。いずれも構造物で分離する双方向の自転車道として整備する。
また、残る幅下橋西交差点〜日銀前交差点の延長1.1`と、日銀前交差点〜広小路伏見交差点の延長0.5`の区間については、18年度以降に工事を進める計画だ。
自転車環境整備事業については、名古屋市が17年度に名古屋市自転車利用環境基本計画の見直しを計画している。協議会を設け、現行計画の見直しを検討していく。
自転車活用推進法では、自転車活用の推進を国・地方自治体の責務と位置付け、自転車専用道路やシェアサイクル施設の整備を推進する方針が打ち出された。今後各地で自動車利用から自転車利用へ転換する動きが活発になることだろう。歩行者と自転車の双方が安全に通行できる道路の整備に向けて、愛知県内でも桜通を皮切りに始まった自転車通行空間整備が今後ますます加速していくに違いない。

 

収録建設会社数は14万社!17年1月現在の経審データはこちら

 

モデル的に整備された桜通の自転車通行空間

 

東部 オートデスク
建設工事ニュース、入札情報を網羅した建通新聞のご購読を!
技研製作所
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

[PR] 建通新聞「電子版」活用事例
建通新聞「電子版」活用事例

施工中の物件の話に触れ、アポイントを取る手段に
電子版の情報に基づいてアプローチした案件で受注につなげたことも。

全国空き家相談士協会

企画特集

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 コラム 建築データ 予算情報