【静岡県】牧之原市大江地区防災公園が完成 憩いの場と期待される「いのちの山」|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

ホーム > 特集 > 完成特集 > 【静岡県】牧之原市大江地区防災公園が完成

 

【静岡県】牧之原市大江地区防災公園が完成

大江地区防災公園


 牧之原市は、市民と一緒に作成した沿岸部5地区の津波防災まちづくり計画に基づき、各地区の実情に合わせた津波から市民の命を守るための津波避難施設の整備を進めている。大江地区では、大江配水池の整備工事で発生する土を有効利用した盛土による「いのちの山」を整備した。敷地面積約1.0f、避難者数411人、避難地面積247平方bとなっている。防災公園は、災害時だけでなく、日頃から憩いの場として活用することも期待されている。


ごあいさつ

牧之原市長 西原茂樹

 牧之原市では、想定される南海トラフ巨大地震による津波から住民の命を守るために、平成25年度に沿岸部5地区の住民が主体となって作成した津波防災まちづくり計画に基づき、平成26年度から津波避難施設に着手してまいりました。
現在までに、津波避難タワー8基、津波避難ビル1棟、防災公園2箇所、津波避難地避難路11箇所が完成しております。
このほど完成した大江いのち山防災公園は、津波避難機能に加え普段から公園として利用できる約1000uの芝生広場を併設した避難施設で、敷地面積約1.0ha、避難地面積247u、避難者数411人、地盤高標高3.6m、想定津波高標高8.4m、避難地高標高11.7mとなっています。
今後は、地域住民の皆様の憩いの場としても利用していただきたいと考えております。
これからも市民の皆さまの安全安心のため、さらなる事業推進を図り、着実に津波防災まちづくりを推進してまいります。

    大江地区防災公園2

 

 

工事概要

 

発注者:牧之原市
工事名称:都市防災総合推進事業大江地区防災公園整備工事
工事場所:牧之原市大沢、大江地区
工期:2015年9月15日〜17年7月31日
構造:いのち山(盛土構造)、高さ11.7m
面積:避難面積(天端面積)247u、避難対象人数411人、敷地面積10419.70u
工事内容:盛土造成工事、地盤改良工事(パワーブレンダー工法)、調整池設置、流末水路整備工事
測量・設計・地質調査:株式会社フジヤマ

 

収録建設会社数は14万社!17年6月現在の経審データはこちら

東部 オートデスク
建設工事ニュース、入札情報を網羅した建通新聞のご購読を!
日本総合住生活
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

[PR] 建通新聞「電子版」活用事例
建通新聞「電子版」活用事例

施工中の物件の話に触れ、アポイントを取る手段に
電子版の情報に基づいてアプローチした案件で受注につなげたことも。

あさかわシステムズ

企画特集

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 コラム 建築データ 予算情報