都入契改革と改善提案|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

都入契改革と改善提案

2018/1/15 

いいね ツイート 印刷
0

制度改革の方向は間違っていないのか、見直すべき点はあるのか―。東京都入札監視委員会制度部会と建設業界5団体との意見交換が1月15日に始まる。監視委では都財務局が試行している入札契約制度改革の検証を行いつつ“現場の声”を聞き、効果や課題を整理していく方針だ。業界にとっては制度改革の問題点を指摘し、改善を提案する重要な機会となる。
 都の入札契約制度改革は、@予定価格の事後公表AJV(共同企業体)結成義務の廃止B1者入札の中止C低入札価格調査制度の運用範囲の拡大―の四つが柱。財務局が先行して昨年6月26日に試行を開始した。
 同局が11月末現在でまとめた試行状況によると、予定価格の事後公表に伴って99%を超える高落札率の案件は減少した一方、平均落札率は前年度を上回った。不調発生率は倍増し、全体の2割に達した。JV結成義務の撤廃に伴う混合入札では、開札済みの案件の6割を単体が受注し、そのうち4割は中小企業だった。1者入札の中止は対象案件の2割近くで発生し、再発注による影響として開札日や工期の遅れが起きている。低入札価格調査は対象案件の3割近くで実施し、全案件で調査対象者が失格となった。
 検証作業を進めている入札監視委員会は、JV結成義務の廃止について「入札参加者が増加するとともに中小企業の受注割合が増えている。四つの改革の中で最も良好な効果が表れている」と評価。委員からは1者入札の中止に対して「そもそも1者入札とならないような参加要件や規模の設定など発注の仕方を工夫すべき」「なじむものと、なじまないものがあるのではないか」などの意見が出ている。低入札価格調査制度の拡大では「調査が工期に影響を及ぼしていないか。弊害があるならば対象件数を減らす検討をすべき」といった声も上がっている。
 入札監視委の“都民目線”による検証では、行政コストの上昇や、工期の遅れなどによる受注者へのしわ寄せを不安視する声があるものの、低価格競争への誘導だ、などとして批判が多かった制度改革の大枠については効果を認めている。
 だが、課題も見え隠れしている。例えばJV結成義務の廃止では、中小をはじめとした単体受注が増えている反面、これまでJVの構成員として参加することができた事業者の施工実績を奪い、技術力向上につながる機会が減ることが懸念されている。1者入札中止による影響についても、例えば建築工事で複数の工種のうち一つでも契約手続きが長引けば、他の工種の受注者は配置予定の人員を動かせず、他の工事を受注できなくなる可能性もある。
 小池百合子知事は昨年末に開いた都政改革本部会議で、課題が少なからず出ていることを認めつつ、「現場の声を反映しながら課題解決に取り組む必要がある。より効果のある方策を模索していく」との意向を示している。今回の意見交換会では、入札監視委が捉える制度改革の効果・課題に対し、建設業界はより具体的な事例を示しながら、課題や対応策を明確にし、認識のずれを修正していく必要がある。業界にとっても、より良い制度構築につなげなるチャンスとしたい。

オートデスク 東部
潟tァインリンクス
建設工事ニュース、入札情報を網羅した建通新聞のご購読を!
レンタルのニッケン
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

プロパティオン
フォーラムエイト

企画特集

あさかわシステムズ
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
施工管理の派遣 入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 予算情報