「防災・減災対策を最優先に」 下野営繕部長|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
レント

「防災・減災対策を最優先に」 下野営繕部長

2020/9/24 

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む

下野営繕部長1.jpg

いつ発生してもおかしくない大規模地震や、頻発・激甚化する水害に備えるため、「防災・減災対策」を最優先事項に位置付ける。自治体の庁舎をはじめとした公共施設について、耐震化や非常用電源の整備、吊り天井対策を着実に進め、非常時に災害活動の拠点機能を確保できるようにする。
 新国立競技場の整備に携わった前職をはじめ、直近の10年間のほとんどを現場に近い職場で過ごしてきた。その経験から「徹底的に現場の声を聞き、問題点を見つけ、フィードバックしていく」ことに心を砕く。
 大きな課題の一つである働き方改革については「工期は段取りが第一」と述べ、発注者があらかじめ不確定要因を解消し、工事を発注する重要性を強調。「最も弱い立場である、現場で作業する人にしわ寄せがいかないようにしなければならない」と訴える。
 生産性の向上に向けた取り組みでは、「BIMを活用しながら少しでも施工を合理化できれば」と述べ、図面チェックや設計から施工段階の連携改善に前向きな姿勢を見せた。関東地方整備局が進める長野第1地方合同庁舎の建設事業で、設計から施工まで一環したBIM活用を計画しており、成果を蓄積していく考えだ。
 「建築は机上で完結するものではない」という考えの下、現場経験の蓄積による営繕職員の人材育成にも注力する。技術職員不足に悩む地方自治体については、地方整備局などへの相談を促していく。

【略歴】88年早稲田大学理工学部卒業、同年建設省採用。北海道開発局営繕部保全指導・監督室長、関東地方整備局東京第一営繕事務所長、大事官房官庁営繕部整備課特別整備室長、日本スポーツ振興センター新国立競技場設置本部統括役、内閣官房新国立競技場の整備計画再検討推進室審議官などを経て7月から現職。東京都出身、55歳。


建通新聞をご購読いただいていない方へ

建通新聞とはこんな新聞です!!

「信頼と実績」建通新聞の購読 建設産業界の専門紙。完全な地域密着の報道を心がけ、読者に最も必要な情報を的確に伝える本紙。各支局の記者たちが足で探し、目で確かめ、報道する。読者が今、どんな情報を求めているのか、建設産業界の新聞として何を伝えていかなければならないのか、その地域に即した内容を伝えている。 建通新聞サンプル

>>建通新聞の購読申込はこちら
>>建通新聞電子版はこちら

クラフトバンク
リコークリエイティブサービス
丸栄コンクリート工業
マンション建替推進協会
名鉄観光
日建リース工業
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

日本キャタピラー
インターテックジャパン
日研トータルソーシング
長谷工リフォーム
ハイパーRCD工法協会
クロロガード工業会
キッズウェイ

企画特集

入札情報をメールで受け取ろう!!

2,922機関
受付中案件数
3,455 件
本日の入札件数
512 件
昨日の新着件数
0 件
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報