【東京都】アクアティクスセンター 工事が最終段階|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
加藤金物

ホーム > 特集 > 完成特集 > 【東京都】アクアティクスセンター 工事が最終段階

 

アクアティクスセンター 工事が最終段階
〜東京都新設で2月完成へ〜

手前にメインプール、奥にダイビングプールを配した内観

 

 東京都が東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の会場として建設している東京アクアティクスセンター。汚染土壌の対策などで当初の整備計画が遅れたものの、2020年2月の完成に向け工事が最終段階を迎えている。重さ7000dにも及ぶ大屋根を配した外観はほぼ完成形となり、内部のメインプールやダイビングプール、サブプールなども完成し、10月末現在の工事進捗率は90%となった。今後、残る内装や外構などの整備を実施し、プレ大会の開催に備える。
東京アクアティクスセンター(江東区辰巳2-2)は、オリンピックの競泳・飛び込み・アーティスティックスイミングと、パラリンピックの水泳競技会場として利用するため、都が新設する恒久施設の一つ。規模は鉄骨一部鉄骨鉄筋コンクリート一部鉄筋コンクリート造地下1階地上4階建て延べ約65500平方b。大会用に客席15000席を配置し、大会後に改修工事を行って5000席まで減らす。
16年10月に準備工事に着手し、17年4月に本体工事を開始。地上で構築した大屋根のリフトアップ工事を先行して実施した後、躯体や鉄骨工事、設備工事などを進めてきてきた。
本体工事はほぼ完成し、現在は内外装工事を中心に残る作業を進めている。コースの長さや深さを調整できるメインプールには既に水も張られ、「日本水泳の中心となる世界最高水準の水泳場」としての姿を現しつつある。実施設計と施工を大林・東光・エルゴ・東熱JVが担当している。整備費は567億円。

 

内観2

 

内観3

 

ほぼ完成形となった外観

 

ほぼ完成形となった外観2

 

東部
グッド
静岡銀行
丸栄コンクリート工業
マンション建替推進協会
マンション建替推進協会
建設物価調査会
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

潤王
W2R工法協会
日本キャタピラー
ハイパーRCD工法協会
インターテックジャパン
インフィニテグラ
NECソリューションイノベータ

企画特集

入札情報をメールで受け取ろう!!

2,922機関
受付中案件数
3,193 件
本日の入札件数
697 件
昨日の新着件数
1,716 件
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報