コンクリート剝落防止後も近接目視可能に|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞
建通新聞

ログイン

日本建設情報センター

コンクリート剝落防止後も近接目視可能に

2020/5/22 

工程図

工程図

アイカ工業(名古屋市中村区)は、道路構造物のコンクリート片剝落を防止する工法「ダイナミックレジン クリアタフレジンクイック1500」を発売した。
 補強用繊維シートを必要としない塗布型工法で施工性に優れ、最短1日で全行程が完了することが特徴。複雑な構造物を施工する場合や長期の工事期間を確保することが難しい現場に有用的。これまでの着色した樹脂に比べ透明度の高い特殊樹脂を使うため、施工後もコンクリート下地のひび割れや変状などの異常を近接目視で確認できるという。
 首都高速道路の橋梁建造物設計要領(コンクリート片剝落防止編)剝落防止工法の評価基準A種耐荷性基準値に適用している。
 問い合わせ先は電話052(409)8313。

いいね 0 ツイート
いいね 0 ツイート
人と建設と未来ラボ
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら
静岡ブルーレヴズ