技能労働者の2%以上の賃上げ 21年度事業計画に明記 全建|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞
建通新聞

ログイン

エー・エス・ディ

技能労働者の2%以上の賃上げ 21年度事業計画に明記 全建

2021/4/21 

全国建設業協会(全建、奥村太加典会長)は、2021年度の事業計画を修正し、「技能労働者の概ね2%以上の賃上げへの取り組み」を明記した。
 3月にあった国土交通省と建設業4団体の意見交換会での申し合わせに基づくもの。
 2月の設計労務単価の改定では、全国平均で1・2%のプラスになった。しかし、この数値は、調査結果がマイナスになった地域・職種の単価について、コロナ禍の特別措置として単価を据え置いたことによるもの。21年度の単価改定分をアップするだけでは、22年度はマイナス改定に転じる恐れある。
 そこで全建では、2%以上の賃上げを目指し、下請契約での配慮や、下請会社への指導などに取り組む。さらに、賃上げの阻害要因になりかねないダンピングの防止に向け、調査基準価格の設定の適正化などを要望・提言していくことにした。

いいね 0 ツイート
いいね 0 ツイート
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら
動画掲載について