災害復旧の入札契約ガイドライン改定へ|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
安城電機

災害復旧の入札契約ガイドライン改定へ

2019/12/2 

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む データを購入する いいね ツイート
0

国土交通省は、随意契約や指名競争入札を活用して災害復旧を迅速、円滑に実施するための「災害復旧における入札契約方式の適用ガイドライン」を改定する。同省直轄の災害復旧では、このガイドラインに基づいて随意契約の活用が進んでおり、台風19号の災害復旧でも、直轄工事221件に随意契約を適用した(11月11日時点)。工事・業務の一時中止や見積もり活用など、入札契約方式以外の内容も追加し、災害時の調達がより円滑に進むようにする。
 2017年7月にまとまったガイドラインは、早期・確実な施工が可能な受注者を短期間で選定することが求められる災害復旧について、工事の緊急度や企業の体制に応じた入札契約方式選定の考え方を整理したもの。例えば、緊急度が極めて高い応急復旧や本復旧には、随意契約の採用を求めている。
 台風19号の被災地でも、地方整備局はこのガイドラインを活用して災害復旧の入札契約方式を選定。11月11日時点では、工事で221件、業務134件(地質調査6件、測量65件、土木コンサルタント63件)に随意契約を適用した。
 台風19号など、ガイドライン策定後に発生した災害での経験を踏まえ、ガイドラインを改定する。
 具体的には、応急復旧における予定価格の設定手続きを追加する。被害の全容が把握できない応急復旧では、労務・資機材の種類や数量が確定しないまま、工事に着手しなくてはならない。被害状況によって、資材価格が高騰することもある。
 このため、協議書・承諾書で建設企業に対応を求めた上で、応急復旧後に実績数量・見積書を踏まえて価格を設定し、契約を結ぶ流れになる。
 また、現場が被害を受けて受注者が施工を継続できなかったり、受注者が他地域の災害復旧に対応する場合には、工事・業務の一時中止を指示する必要もある。
 こうした災害時の現場で発注者に求められる対応もガイドラインに盛り込み、災害復旧がより円滑に進む環境を整える。

東部
安城電機
この年の国土交通省の発注予定案件 この年の国土交通省予算情報
国土交通省の公共事業ニュース
国土交通省の行政・建設経済ニュース
国土交通省の民間事業ニュース
国土交通省の入札公示情報
  • 関連する入札公示情報は存在しません。
国土交通省の入札結果情報
  • 関連する入札結果情報は存在しません。
NDT
  • 加和太建設
  • ワールドエンジニアリング
  • コア建築設計工房
  • セキトランスシステム
マンション建替推進協会
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

ビーベストワーク
愛知産業大学
インフィニテグラ
太陽建機レンタル
システムズナカシマ

企画特集

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 予算情報