ふるさと納税と地方財政 中長期的な視点から考えたい|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
関西みらい銀行

ふるさと納税と地方財政 中長期的な視点から考えたい

2020/1/27 

いいね ツイート 印刷
0

ふるさと納税制度によって、都市部の自治体の税収減が拡大している。近年、加速度的に制度の利用が進む一方、数十億円規模で税収が減収する自治体が続出しており、今後必要になるインフラ投資への影響も懸念されている。制度による寄付行為が結果的に納税者自身がいま暮らしている都市やまちの機能を損ねることにもなりかねない。
 この制度は生まれ育った故郷や被災地などに住民税の一部を寄付することで、都市部の税金を税収不足に陥っている地方に移すことなどを目的に創設。総務省の「ふるさと納税に関する現況調査」によると、2018年度に最も税の流出額が大きかった自治体は横浜市で、名古屋市、大阪市、川崎市、東京都世田谷区、神戸市などがこれに続く。19年度は地方交付税交付金による補填(ほてん)がない川崎市で56億円、世田谷区で53億円、それぞれ減収を見込んでいる。
 減収に悩む自治体にしても何も手をこまぬいているばかりではない。川崎市は市内企業の製品やJリーグチームのグッズなどの返礼品、世田谷区は子育て支援や福祉関連の寄付などで納税者の関心を引き付けようとしている。それでも現行の制度は納税者人口に比例して住民税が流出する仕組みとなっていることもあって、その効果にはおのずと限界がある。
 税収減によって懸念されるのは行政サービスの低下だ。世田谷区の保坂展人区長は「減収規模が学校改築2校分(1校30〜40億円)になりかねず、座視していられない段階に入った。このままでは区の運営がショートする」として、国に制度の改革を求めている。
 川崎市は近年、一般会計予算を編成する際、減収分を市債の償還に備える減債基金から手当する状況に置かれている。「この先返済する段になった時、事業の選択や縮小の必要が出るかもしれない」(財政部資金課)と予想。負債の付け回しをいつまでも続けるわけにはいかないことは認識している。
 これに対して総務省は「制度上、都市部の税収が減少し、地方に移転するのはやむを得ない。昨年、行き過ぎた返礼品競争を改めようと新制度に移行したところなので、当面は推移を見極めたい」(市町村課)と話しており、こうした事態を静観する構えだ。
 ふるさと納税の利用率は納税者の1〜2割程度と言われ、拡大ペースこそ鈍ってきたとはいえ、まだまだ利用者が増えることが予想される。予算をやりくりしてきた都市部の自治体もこれ以上の税収減に耐えることは難しい。この辺りで制度設計の抜本的な見直しを行ってもよいのではないか。
 年明け早々、横浜市と和歌山市で大規模な水道管破裂が発生し、またしても老朽インフラの深刻な状況が露呈した。厳しい財政事情を抱え、インフラ投資がますます不自由になりつつある。自治体は、納税者一人一人にこうした事態をしっかりと伝え、「自分ごと」として認識してもらうための努力が欠かせない。
 ふるさと納税制度導入の目的の一つには、「寄付文化の醸成」が掲げられている。限られた税金をどう有効に活用するのか―。国民と行政がもっと真剣に考える「学習」の機会や“仕掛け”こそ必要なのではないだろうか。

東部
MetaMoji
静岡銀行
  • キクノ
丸栄コンクリート工業
名鉄観光
アイアンドアイ
能力開発研修センター
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

インターテックジャパン
長谷工リフォーム
日研トータルソーシング
日本キャタピラー
W2R工法協会
クロロガード工業会
アイファ

企画特集

タグハーツ
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報