CCUS 都道府県に広がる加点評価|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

CCUS 都道府県に広がる加点評価

2020/3/27 

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む データを購入する いいね ツイート
0

公共工事の企業評価に建設キャリアアップシステム(CCUS)を活用していたり、活用を検討している都道府県が13県あることが国土交通省の調べで分かった。すでに総合評価方式での加点を始めた山梨県、4月から加点を決めた福島県と長野県、入札参加資格審査で加点している福岡県に続き、9県が加点を決定した他、加点の検討を始めた。国交省は、近くこの他の地方自治体に公共工事でのCCUS活用を要請する方針だ。
 2019年4月に運用を開始したCCUSをすでに公共工事の企業評価に活用している都道府県は山梨県と福岡県。山梨県は、今年1月から事業者登録と、直接雇用する技能者の登録を総合評価で加点。福岡県は県発注工事の入札参加資格審査で事業者登録に加点評価を行っている。
 20年度からの加点評価を決めているのは、福島県、静岡県、長野県、滋賀県の4県。長野県は4月からCCUSの現場活用に対して総合評価で加点する他、21・22年度の競争入札参加資格審査での加点も検討。福島県も4月から事業者登録と現場運用に対する加点評価を始める。
 静岡県は6月から総合評価での加点を始める他、21・22年度の入札参加資格審査で事業者登録した企業に10点を加点する。滋賀県は元請けの事業者登録に加点評価を与える。
 この他、宮城県、栃木県、群馬県、徳島県、熊本県、長崎県、宮崎県が総合評価や競争入札参加資格審査にCCUSの活用を検討している。
 昨年10月に閣議決定した入札契約適正化指針では、CCUSが公共工事に従事する技能者の労働環境改善を後押しするとして、公共工事を発注する国・地方自治体に活用に努めるよう求めている。
 国交省の直轄工事でも、20年度から「義務化モデル工事」を試行し、活用状況に応じた工事成績評定への加点・減点を行う。同省は、直轄工事や先行する都道府県の動きを踏まえ、近く公共工事での積極的な活用を自治体に要請する。20年度以降の入札契約適正化法に基づく実態調査では、各自治体にCCUS活用状況の報告も求めるとしている。

東部
グッド
この年の国土交通省の発注予定案件 この年の国土交通省予算情報
国土交通省の公共事業ニュース
国土交通省の行政・建設経済ニュース
国土交通省の民間事業ニュース
国土交通省の入札公示情報
  • 関連する入札公示情報は存在しません。
国土交通省の入札結果情報
  • 関連する入札結果情報は存在しません。
日研トータルソーシング
  • イヤマトータルブリッジサポート
  • 平田開発
マンション建替推進協会
わくレポ!
建設物価調査会
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

日東コンクリート工業
パシオリユース
ウイング
ビーベストワーク
本陣水越
自重堂

企画特集

わくレポ!
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 予算情報