人口減少社会 インフラ管理に選択と集中|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
レント

人口減少社会 インフラ管理に選択と集中

2020/5/20 

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む データを購入する いいね ツイート
0

建設経済研究所は『建設経済レポート』の中で、人口減少社会のインフラ管理の課題と方策を提言している。税収や技術職員の減少によって、インフラの総量を維持できない地方自治体が増加。老朽化したインフラの廃止・撤去に踏み切った自治体の事例も踏まえ、インフラの「選択と集中」の必要性を示した。
 高度成長期に建設され、完成後50年以上が経過するインフラは、年々増加しており、国土交通省の推計=表参照=によると、2033年3月には道路橋の63%、河川管理施設の62%、港湾岸壁の58%を占める。
 人口減少とインフラの老朽化が同時進行する中、インフラを管理する自治体では、技術職員の減少や税収減に伴う予算削減も続き、管理水準の維持が困難な状況に追い込まれている。
 建設経済レポートでは、人口減少で利用されなくなったインフラを廃止・撤去した自治体の事例を掲載。このうち、徳島県三次市では、定期点検で健全性が最も低い「緊急措置段階(W)」の診断を受けた道路橋9橋のうち、吉野川に架設された大川橋を20年度以降に撤去することを決めた。
 地元住民の中には、歴史的で愛着があるために文化財としての存続を求める声もあったが、市は大川橋を常時利用する高齢者7人を個別に訪問するなど、老朽化による危険性を地元住民に説明。撤去へのコンセンサスを得ることができたという。
 レポートでは、老朽化に伴う事故や災害による「管理瑕疵(かし)」の事態が発生する恐れもあるとして、選択と集中の必要性を提言。撤去に向けた意思決定のポイントとして「老朽化の現状と費用対効果の見える化」「長期的な全体計画策定と廃止・撤去の判断基準の明確化」「管理者間の調整による代替施設の提供」などを挙げている。

東部
クラフトバンク
静岡銀行
  • 遠矢重機工業
  • イヤマトータルブリッジサポート
  • 平田開発
マンション建替推進協会
助太刀
能力開発研修センター
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

パシオリユース
日東コンクリート工業
ビーベストワーク
本陣水越
ウイング
わくレポ!

企画特集

助太刀
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 予算情報