名鉄名古屋駅再開発 22年度から着工延期|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

名鉄名古屋駅再開発 22年度から着工延期

2020/11/10 中部

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む データを購入する いいね ツイート
0

名古屋鉄道 安藤社長.jpg

【名古屋市中村区】名古屋鉄道(名古屋市中村区名駅1ノ2ノ4、名鉄)の安藤隆司社長は11月10日、名鉄名古屋駅地区再開発事業について、着工時期を2022年度から延期する考えを明らかにした。今後、近畿日本鉄道など関係者間で協議を行い、24年度をめどに事業の方向性を判断する考えだ。
 安藤社長が21年3月期の中間決算会見で、報道陣の質問に答えた。同社は、名駅地区の再開発について、新型コロナウイルス感染症による需要や生活スタイルの変化を考慮。今後の需要などについても検討を進め、最適な施設規模や用途に見直すとしている。
 今回の会見では、新型コロナの影響を受け、運送事業やレジャーでの営業収益が大幅に落ち込んだことが明らかとなった。再開発事業は大規模な投資を伴うため、これを踏まえた投資計画の見直しも必要となりそうだ。
 名駅地区の再開発事業は、北を名鉄百貨店、南を日本生命笹島ビルまでとする延長約400b区間が対象。同事業には名鉄の他、近畿日本鉄道、三井不動産、日本生命が参画している。
 名鉄は完成イメージとして、対象区域のほぼ全体を活用した一体型高層ビルを提示。施設内部に商業やオフィス、ホテル、レジデンスを中心に配置する考えを示していた。
 また、再開発に併せて、対象区域の地下にある名鉄名古屋駅も2倍超に拡張。ホームを中心とした駅の概算面積を現在の6300平方bから約1万4000平方bに広げ、ホームを増やす計画だったが、この計画についても再検討していくことになる。

東部
ユタカトレーディング
この年の名古屋市の発注予定案件 この年の名古屋市予算情報
名古屋市の公共事業ニュース
名古屋市の行政・建設経済ニュース
名古屋市の民間事業ニュース
名古屋市の民間公募情報
名古屋市の開発情報
名古屋市の入札公示情報
名古屋市の入札結果情報
名古屋市の民間建築情報
名古屋市の解体情報
構造計画研究所
  • イヤマトータルブリッジサポート
鳶浩工業
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

ケンジン
日工セック
インフィニテグラ
ALINCO
セーフィー
クロロガード工業会
システムズナカシマ

企画特集

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報