ICT施工 コスト縮減の必要性指摘|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
能力開発研修センター

ICT施工 コスト縮減の必要性指摘

2021/5/1 

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む データを購入する いいね ツイート
0

財務省は4月30日に開いた財政制度等審議会財政制度分科会の歳出改革部会で、i−Constructionを公共工事のコスト縮減につなげる必要性を指摘した。ICT土工には、ICT建機のリース料などの追加経費を上乗せする積算基準が導入されている。ICT建機が普及すればコスト低下が想定されていたものの、同省は「導入後5年を経過しても費用は下がっていない」と強調。i−Constructionに伴う現場の生産性向上により、「コスト縮減を着実に進めるべき」と求めた。
 国土交通省が2016年度から本格実施したICT土工では、追加で経費が必要になる建機のリース料や初期導入経費を発注者が負担。土工量1万5000立法bの場合、施工コストを従来施工の1・1倍とする積算基準が導入されている。
 i−Constructionの目的は、建設業の労働力不足を生産性向上で補うことにあり、当初からコスト縮減が目的にはなっていないが、国交省もICT建機の普及によって将来的にコスト縮減が見込まれるとしていた。財務省は、依然として労務費の減少分を機械費の増加が上回り、5年が経過してもコストが低下していないことを問題視。コスト縮減の視点をi−Constructionにも取り入れるよう求めた。
 この他、財務省は、公共事業の事業評価の在り方についても問題視。維持管理費を費用便益分析(B/C)の対象に追加する他、新規事業採択時の事業費が増加し、再評価時のB/Cが下振れする傾向にあるとして、慎重に新規事業採択時評価を行うよう求めた。
 また、道路事業の将来交通量、港湾整備事業の貨物量についても、事業完了後に下振れする傾向にあるとして、新規事業採択時のB/C算出時に「過大な便益計算を行ったと言える」とも指摘している。

オートデスク 東部
グッド
この年の財務省の発注予定案件 この年の財務省予算情報
財務省の公共事業ニュース
財務省の行政・建設経済ニュース
財務省の民間事業ニュース
財務省の入札公示情報
  • 関連する入札公示情報は存在しません。
財務省の入札結果情報
  • 関連する入札結果情報は存在しません。
  • ダイナナ
  • ワールドエンジニアリング
油機サービス
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

杉孝グループホールディングス
インフィニテグラ
クロロガード工業会
日工セック
W2R工法協会
東亜グラウト工業
建設物価調査会

企画特集

松下産業
フジ建機リース
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報