交通ソフトインフラを新たに海外展開|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
能力開発研修センター

交通ソフトインフラを新たに海外展開

2021/6/11 

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む データを購入する いいね ツイート
0

国土交通省は、インフラシステム海外展開行動計画2021をまとめた。政府が重要な成長戦略に位置付けるインフラシステムの海外展開に向けた指針と施策を示した。従前から取り組んでいる鉄道、港湾、空港など9分野に、新たに「交通ソフトインフラ」を追加。「都市開発・不動産開発」分野にスマートシティを盛り込んだ。
 交通ソフトインフラは、デジタル技術を活用した取り組みの一環。ASEANをはじめとした海外市場のニーズ調査、案件発掘調査などを行い、官民連携による案件形成を目指す。MaaSなどの交通ソフトインフラは実証実験段階のものが多いが、国内の実績にとらわれることなく海外展開を図っていく構えだ。
 米国・欧州・中国でのMaaS市場規模(17年は約9兆6000億円)は急速に拡大するとも予測され、アジア諸国でもこうした交通ソフトインフラ技術の普及・応用が期待されている。
 スマートシティについては、すでに「ASEAN相互協力による海外スマートシティ支援策(Smart JAMP)」などを打ち出しており、今後、具体的な案件形成調査を加速していく。ブルネイ、カンボジア、インドネシアなどが対象となる。
 同行動計画は毎年改定している。今回は、昨年12月に策定されたインフラシステム海外展開戦略2025を踏まえて、▽ポストコロナを見据えたデジタル技術の活用▽地球規模での気候変動への対応などによる経済と環境の好循環の実現▽FOIP(インド太平洋地域)への寄与―を強化すべき取り組みと位置付けている。運営・維持管理と人材育成・技術移転をパッケージ化した提案にも取り組む。

東部 オートデスク
グッド
この年の国土交通省の発注予定案件 この年の国土交通省予算情報
国土交通省の公共事業ニュース
国土交通省の行政・建設経済ニュース
国土交通省の民間事業ニュース
国土交通省の入札公示情報
  • 関連する入札公示情報は存在しません。
国土交通省の入札結果情報
  • 関連する入札結果情報は存在しません。
  • トオヤリペアテック
日本建設情報センター
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

東亜グラウト工業
日工セック
ナテック
インフィニテグラ
杉孝グループホールディングス
クロロガード工業会
フォーラムエイト

企画特集

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報