「加害者」になっていないか パワハラ防止|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

「加害者」になっていないか パワハラ防止

2021/7/26 

いいね ツイート 印刷
0

知らず知らずのうちに、誰かに苦痛を与えていないか。必要以上のプレッシャーをかけていないだろうか―。
 建設業界でかつて当たり前だった言動や指導方法が通用しなくなっている。厚生労働省がまとめた調査(2021年3月)によると、過去3年間にパワーハラスメントを「何度も繰り返し経験した」「時々経験した」「一度だけ経験した」と答えた労働者の割合は、合わせて31・4%だった。業種別では電気・ガス・熱供給・水道業(41・1%)に次いで、建設業が36・2%で2番目。中でも悪質な「何度も繰り返し経験した」とする回答は建設業が8・9%で最も高かった。
 担い手不足が深刻な問題となる中で、こうしたパワハラが若手の定着を阻害する要因の一つになっている可能性もある。いま一度、自分や周囲の関係者の行動を振り返ってみるべきだろう。
 高校卒業後に建設業に入った若者の約半数が、3年間のうちに建設業を辞めていく。ある工業高校の進路指導の担当教諭によると、最近の若者の気質は、総じて「まじめでおとなしい」と言う。大声で怒鳴られたり、人前で叱責された経験はほとんどない。前近代的な『背中を見て覚えろ』という教育方法も「いまの若者には通用しない」。
 一方で建設業では、かつてより減ったとはいえ、依然として乱暴な言葉が使われがちだ。危険な作業が伴うケースもあり、「バカやろう」「なんど言ったら分かるんだ」なんて言葉が、つい口から出てしまう。口数の少ない職人気質の親方が、丁寧な指導もないままに「こんなこともできないのか」と言えば、パワハラだととられかねない。
 厚労省によると、パワハラとは「職務上の地位や人間関係などの優位性を背景に、適正な範囲を超え、精神的・身体的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させる行為」である。もちろん適正な指示や指導であればパワハラにはならないはず。ただ実際の判断は、案件ごとに、そこまでに至る経緯や行動などを考慮するため、「ここからがパワハラ」という明確なラインはない。平均的な労働者の感じ方が基準とされるが、これも曖昧(あいまい)だ。
 来年4月には、現在猶予されている中小企業にもパワハラ防止法(労働施策総合推進法)が適用される。同法では一人一人の労働者にも、取引先などを含めた他の労働者への言動に注意を払うことが責務とされる。
 高齢化が進み、人材不足が顕在化している建設業こそ、こうしたパワハラ防止に関連する法整備などもきっかけにしながら、若手が定着しやすい職場環境を作っていく必要があるだろう。
 当たり前だと思っている指導方法が、意図せずに若手を傷つけている可能性もあるのではないか。たとえそこに愛情があったとしても、いつの間にか自分が加害者になってしまうことがあるのかもしれない。「いまの若者は」などと嘆くのではなく、率先して若い世代の考え方や気質を理解し、一人一人が意識して変わっていくべきだろう。そうした行動が、パワハラを防ぐだけでなく、将来を担う若手の意欲や成長を促し、建設業界の担い手確保にもつながっていくはずである。

オートデスク 東部
グッド
レンタルのニッケン
  • イヤマトータルブリッジサポート
建設システム
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

マンション建替推進協会
コネット
ALINCO
豊神
アイフォーコム・スマートエコロジー
インフィニテグラ
日工セック
もったい9

企画特集

  • 祝・横浜市公共建築100周年<7月号> 横浜ファンを拡大せよ

    祝・横浜市公共建築100周年<7月号> 横浜ファンを拡大せよ
    横浜市の行政組織に建築営繕を行う「建築課」が誕生して100年。公共建築と、その整備に携わる技術者らを取材。これまでの歴史と思いを紹介する。

  • Catch-up

    Catch-up
    働き方改革、デジタル化、カーボンニュートラル…。Catch-upでは建設産業を取り巻く話題、最新の法改正などの動向をタイムリーに紹介しています。

  • 「1.5℃の約束」キャンペーン開始 SDGs達成には建設業界の行動不可欠

    「1.5℃の約束」キャンペーン開始 SDGs達成には建設業界の行動不可欠
    国連が全世界で推進するSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け、多くのメディアと連携して、最も危機的な状況にある気候変動問題への意識の高まりと行動の変容を促す「1・5℃の約束」キャンペーンが6月17日に始まった。

  • いまから備えるインボイス

    いまから備えるインボイス
    2023年10月以降、事業者が発行する請求書等は適格請求書等(インボイス)になります。建設業もいまから対応に向けた準備が必要です。

入札情報をメールで受け取ろう!!

2,923機関
受付中案件数
4,292 件
本日の入札件数
723 件
昨日の新着件数
1,763 件
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報