経営にSDGsの視点を 建設産業の未来|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

経営にSDGsの視点を 建設産業の未来

2022/1/5 

いいね ツイート 印刷
0

「何から取り組んでいいのか分からない」−。全国建設業協会が行ったSDGs(持続可能な開発目標)に関するアンケート調査で、多くの中小建設業が、そう答えた。回答者の6割がSDGsを「知らない」「知っているが対応は検討していない」ともいう。一方で、就活生を対象とした調査(ディスコ実施)によると、4割超の学生がSDGsへの取り組みが「志望度に影響する」と答えている。就職先を決めた理由も「社会貢献度が高い」がトップだった。建設業が抱える人材不足などの課題への対応のヒントが、ここにもあるのではないか。
 ウィズコロナ、ポストコロナと言われる新しい価値観が、急速に広がっている。その潮流の一つが2015年の国連サミットで採択されたSDGsへの取り組みだ。SDGsは「健康と福祉」「質の高い教育」「住み続けられるまちづくり」「気候変動への対応」といった17のゴールと169のターゲットで構成される。世界共通の課題に対処していくために、未来へ向けた活動が欠かせない。
 では、地域の中小建設業は何をすればいいのか。
 前出の全建の調査結果によると、多くの建設会社がSDGsへの対応に苦慮する一方で、回答者の23%が「すでに対応・アクションを行っている」と答えた。
 例えば、インフラの整備、現場の感染症対策、社員への技術研修、自然災害への対応や除雪作業などが、具体的な対応事例と言えるだろう。週休2日制の導入、女性活躍の推進、ICTの活用など、いままさに努力を重ねている多くの取り組みも、SDGsの答えとなるはずだ。
 こうした取り組みを自社に当てはめてみてほしい。振り返るまでもなく、建設会社のほとんどが、日常的にSDGsと向き合っているに違いない。「何をすればいいか分からない」とたじろぐ会社と、「すでに対応している」と胸を張る会社。その境界はSDGsへの理解であり、SDGsを企業経営に取り込もうとしているかどうかの差ではないのか。
 特にこれからの未来を生きる若い世代では、SDGsへの関心が高いという。新しい学習指導要領にも「持続可能な社会の構築の観点」が明記されている。そうした若い世代に「自分の未来を任せられる会社」であり、建設業が「未来を変えていける仕事」だと伝えることができれば、長年の懸案である人材不足の解消にも一歩近づくはずだ。
 本業である受注確保の面でも、入札の総合評価方式で加点評価を始めた公共発注者、SDGsへの対応を求める民間発注者などが現れ始めている。SDGsに取り組む中小企業を資金面で支援する金融機関もある。これからの建設企業は「SDGsに積極的かどうか」を指標に、エンドユーザーや発注者、金融機関、従業員、就職を目指す学生・生徒から選ばれるようになるだろう。
 2022年は、コロナ禍への不安を抱えたままのスタートとなった。一方で、そうした中でも新しい社会への変化はスピードを増していくに違いない。地域の中小建設業は何をすればいいのか―。その答えは、これまで取り組んできたことと大きくは変わらない。未来を脅かす地域の課題、社会や人々が求めるニーズを探り、課題解決の視点で会社の能力を生かしていく。その取り組みは、まさにSDGsの考え方にも適っている。まずはSDGsをきちんと理解し、経営の中に取り込んでいく意識を持つことが必要だ。

オートデスク 東部
グッド
レンタルのニッケン
  • イヤマトータルブリッジサポート
日本建設情報センター
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

アイフォーコム・スマートエコロジー
ALINCO
コネット
マンション建替推進協会
豊神
日工セック
インフィニテグラ
フォーラムエイト

企画特集

  • 祝・横浜市公共建築100周年<7月号> 横浜ファンを拡大せよ

    祝・横浜市公共建築100周年<7月号> 横浜ファンを拡大せよ
    横浜市の行政組織に建築営繕を行う「建築課」が誕生して100年。公共建築と、その整備に携わる技術者らを取材。これまでの歴史と思いを紹介する。

  • Catch-up

    Catch-up
    働き方改革、デジタル化、カーボンニュートラル…。Catch-upでは建設産業を取り巻く話題、最新の法改正などの動向をタイムリーに紹介しています。

  • 「1.5℃の約束」キャンペーン開始 SDGs達成には建設業界の行動不可欠

    「1.5℃の約束」キャンペーン開始 SDGs達成には建設業界の行動不可欠
    国連が全世界で推進するSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け、多くのメディアと連携して、最も危機的な状況にある気候変動問題への意識の高まりと行動の変容を促す「1・5℃の約束」キャンペーンが6月17日に始まった。

  • いまから備えるインボイス

    いまから備えるインボイス
    2023年10月以降、事業者が発行する請求書等は適格請求書等(インボイス)になります。建設業もいまから対応に向けた準備が必要です。

入札情報をメールで受け取ろう!!

2,923機関
受付中案件数
4,310 件
本日の入札件数
723 件
昨日の新着件数
1,763 件
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報