ドローンのレベル4飛行 12月めどに実現|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

ドローンのレベル4飛行 12月めどに実現

2022/1/12 

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む データを購入する いいね ツイート
0

国土交通省は、有人地帯でのドローンなど無人航空機による目視外飛行(レベル4)の実現を目指し、12月をめどに「機体認証制度」と「操縦ライセンス制度」を創設する。機体認証を受けた無人航空機を、国の試験を合格したライセンス保有者が操縦し、国土交通大臣の許可・承認を受けることで、レベル4飛行が可能になる。
 国交省は、少子高齢化や過疎化、担い手不足といった国が抱える諸課題の克服に向け、ドローンの活用の場を広げるため、航空法を改正。
 6月から機体重量が100c以上の全ドローンの登録を義務化し、国内を飛行する全てのドローンを国交省で把握する。その後、12月をめどに機体認証制度と操縦ライセンス制度や、運行ルールを固めた上で、有人地帯でのレベル4飛行を解禁する。
 機体認証制度は、第1種と第2種に区分し、ドローンが設計や製造過程などで安全基準を満たしているかどうかを検査し認証する。
 検査事務は当面、第1種を国、第2種を登録検査機関が行う。今後、登録要件を固め、9月から登録受付を始める。
 操縦ライセンス制度は、1等(レベル4)と2等(レベル1〜3)の二つ。国が学科・実地試験を行って操縦者の操縦技能を担保する。国の指定を受けた民間試験機関が試験事務を実施できるようにする。技能証明の有効期間は3年。
 この他、レベル4と、レベル4未満の飛行のいずれにも共通で求める「共通の運行ルール」を創設する他、レベル4飛行に必要となる運行管理体制も構築する。
 また、認証を受けた機体をライセンス保有者が操縦する場合、レベル4未満であれば国土交通省の飛行許可・承認が原則として不要になる。これにより許可・承認の申請件数は9割程度減少すると見込んでおり、使用者と行政間の手続きの合理化にもつながるとされる。

東部
グッド
この年の国土交通省の発注予定案件 この年の国土交通省予算情報
国土交通省の公共事業ニュース
国土交通省の行政・建設経済ニュース
国土交通省の民間事業ニュース
国土交通省の入札公示情報
  • 関連する入札公示情報は存在しません。
国土交通省の入札結果情報
  • 関連する入札結果情報は存在しません。
構造計画研究所
  • イヤマトータルブリッジサポート
リコー
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

インフィニテグラ
日工セック
セーフィー
ALINCO
ケンジン
クロロガード工業会
システムズナカシマ

企画特集

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報