日測協SPの会がパネルディスカッション|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

日測協SPの会がパネルディスカッション

2015/10/26 

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む

20151026SPの会1パネルディスカッション.JPG

日本測量協会(日測協)が運営する民間資格「空間情報総括監理技術者資格」の有資格者で組織する「スペーシャリストの会(SPの会、瀬戸島政博会長)」は23日、測量年金会館(東京都新宿区)で「これからの空間情報総括監理技術者」をテーマにパネルディスカッションを行い、会が目指す「空間情報コンサルティング」領域の確立と市場形成に向けた現状と課題などについて意見を交わした。
 パネリストは、安藤港増氏(CSGコンサルタント)、横井勇氏(日本海航測)、白井直樹氏(国際航業)、岡本芳樹氏(パスコ)―の4人、コーディネーターを池田晃三氏(アジア航測)が務めた。
 「資格を取得したことは技術者としては全てにおいてプラスだが、競争参加資格要件としては十分活用されているとは言えない」との指摘があった一方で、「有資格者が社内の技術力向上や技術革新をけん引している実態がある」と報告し、業務の受注という直接的な効果だけでなく、個社それぞれの企業力、競争力の向上に寄与しているとした認識も示された。
 パネルディスカッションを通して複数のパネラーが「『空間情報コンサルティング』は、自分たちが創造していくべき業務領域(分野)だ」との自覚を披歴。地理空間情報を活用したより良い社会の実現に向け、日測協、SPの会、個社、個人がそれぞれの役割を認識し、研さんしていくことを申し合わせた。
 空間情報総括監理技術者は、多様で高度な空間情報技術を活用する公共事業の業務を総括監理することができる上級技術者であることを、第三者に証明することを目的として2005年から始めた民間資格。日測協は、測量士の有資格者であって、技術士または博士の称号を有し、かつ空間情報関連業務に15年以上従事して業務責任者を2回以上経験している者にのみ受験資格を付与している。
 15年度試験の合格者を含めた05年度からの合格者数の合計は276人。SPの会の会員数は14年度末現在241人。


建通新聞をご購読いただいていない方へ

建通新聞とはこんな新聞です!!

「信頼と実績」建通新聞の購読 建設産業界の専門紙。完全な地域密着の報道を心がけ、読者に最も必要な情報を的確に伝える本紙。各支局の記者たちが足で探し、目で確かめ、報道する。読者が今、どんな情報を求めているのか、建設産業界の新聞として何を伝えていかなければならないのか、その地域に即した内容を伝えている。 建通新聞サンプル

>>建通新聞の購読申込はこちら
>>建通新聞電子版はこちら

潟tァインリンクス
建設工事ニュース、入札情報を網羅した建通新聞のご購読を!
マンション建替推進協会
日建リース工業
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

建設業福祉共済団
PLCパートナーズ
高速道路調査会

企画特集

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
施工管理の派遣 入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 予算情報