CPDS多数! ⦅参加者は発注機関・建設コンサルタント関係者様限定です。⦆建設新技術発表会2019(さいたま会場)|建設会社向け新技術発表会、CPDS、セミナー情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

⦅参加者は発注機関・建設コンサルタント関係者様限定です。⦆建設新技術発表会2019(さいたま会場)

 建通新聞社は、参加者を発注機関の関係者様に限定した「建設新技術発表会2019(さいたま会場)」を9月12日(木)に埼玉県さいたま市のソニックシティで開きます。発表対象は、いずれもNETIS(新技術情報提供システム)に登録され、公共事業で採用実績のある新技術・新工法で、メーカーなどの担当者が概要や特長などを紹介します。
 今回は、新技術・新工法7件について、メーカーの開発担当者がそれぞれの技術・工法を直接紹介するとともに、会場内に展示ブースを設けております。ぜひ、この発表会を最新の建設技術の情報収集の場としてご活用ください。受講料は無料です。
 建設コンサルタンツ協会の認定プログラムです(2.91単位)

※尚、多くの機関の方にご参加いただけるよう同企業でのお申込みについて、人数を制限させていただくことがあります。何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

【新技術発表者・プログラム】
13:00〜13:25 ▽ミニウォール工法/太洋基礎工業株式会社
13:25〜13:50 ▽乾式磁力選別工法/DOWAエコシステム株式会社
13:50〜14:15 ▽G桟橋/ヒロセ株式会社
14:15〜14:25 休憩
14:25〜14:50 ▽都市型街渠(JS−150)/ゴトウコンクリート株式会社
14:50〜15:15 ▽土木用鉄筋結束機「ツインタイア」/マックス株式会社
15:15〜15:25 休憩
15:25〜15:50  iDotec Toilet(イドテック トイレ)/三和工業株式会社
15:50〜16:15 ▽エコクリーンハイブリッド工法他/一般社団法人日本鋼構造物循環式ブラスト技術協会
16:15〜16:35 ▽意見交換&お知らせ

セミナー情報

開催日 2019年09月12日(木) 〜 2019年09月12日(木)
時間 13時00分 〜 16時35分
会場 ソニックシティ 国際会議室(ソニックホール4階)
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5
受講料 読者・会員:無料  /  定価:無料
定員数50人
受付期限 2019年09月11日(水)
主催 株式会社建通新聞社
その他※受付は12時〜
※定員になり次第、締め切らせていただきます
※尚、多くの機関の方にご参加いただけるよう同企業でのお申込みについて、人数を制限させていただくことがあります。何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます
※建設コンサルタンツ協会の認定プログラムです(2.91単位)
※お申し込み後、1週間以内に受講票をe-mailにて送付いたします
問合せ先株式会社建通新聞社 東京支社
TEL:03-5425-2070
FAX:03-5425-2075
E-Mail:tokyo@kentsu.co.jp
担当者:新技術発表会係

お申し込み方法

お申し込み方法
RX Japan

PR

ボルボ建機ジャパン
電子版でできること。

イベントニュース

記事一覧

ALINCO
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

フォーラムエイト

企画特集

  • <font color="#ff0000;"><b>[New]</b></font>川崎市まちづくり局特別企画 - 未来をつくる市内の建築物

    [New]川崎市まちづくり局特別企画 - 未来をつくる市内の建築物
    川崎市は7月1日に市制100周年を迎えます。その歴史の中で、数多くの公共・民間建築物がつくられてきました。川崎市を代表する公共建築物を中心に、施工した建設会社の担当者の思いを紹介します。

  • Catch-up

    Catch-up
    働き方改革、デジタル化、カーボンニュートラル…。Catch-upでは建設産業を取り巻く話題、最新の法改正などの動向をタイムリーに紹介しています。

  • 連載「脱炭素のホンネ」

    連載「脱炭素のホンネ」
    改正建築物省エネ法の成立は、建築分野の脱炭素化に向けた大きな一歩となった。新築建物については種類を問わず、省エネルギー基準への適合が義務化されることとなった。だが、ある“難題”がまだ立ちはだかっている。

  • インフラメンテナンス 次の10年

    インフラメンテナンス 次の10年
    9人の尊い命を奪った中央道の笹子トンネル天井板崩落事故から10年がたった。国の調査委員会が「わが国において例を見ない」と形容したこの悲劇をきっかけに、インフラ保全の重要性が改めて強く認識され、日本のメンテナンス行政は大きく動いた。

  • いまから備えるインボイス

    いまから備えるインボイス
    2023年10月以降、事業者が発行する請求書等は適格請求書等(インボイス)になります。建設業もいまから対応に向けた準備が必要です。

入札情報をメールで受け取ろう!!

2,944機関
受付中案件数
3,092 件
本日の入札件数
297 件
昨日の新着件数
1,163 件
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報