建設業許可・経審 22年度に電子申請化|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

建設業許可・経審 22年度に電子申請化

2019/9/2 

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む データを購入する いいね ツイート
0

国土交通省は、2022年度から建設業許可・経営事項審査の申請を電子化する。現在は、許可行政庁が書面で受け付けている許可・更新と経審の申請手続きの電子化により、審査者・申請者双方の負担を軽減する。電子申請化に先立ち、19年度中に建設業法令も改正し、申請書類も簡素化する。その上で、20・21年度の2カ年で現行の許可・経審のシステムを改修し、22年度から電子申請に対応する。
 現在、経審の登録経営状況分析機関に対する経営状況分析を除き、許可行政庁(地方整備局、都道府県)に対する許可・経審の申請は全て書面で行われている。
 経審の申請で見ると、申請する企業側は、技術職員名簿や工事経歴書などの確認書類に添付する資料が膨大であることに加え、各申請書類の自社の確認作業も必要になり、事務作業には2〜6カ月程度が必要。許可行政庁の側も、申請者1社で段ボール2〜3箱分の確認書類が提出されることもあり、大手ゼネコンであれば確認作業に半日程度が必要になるという。
 こうした申請者・審査者双方の負担を軽減するため、国交省はまず、19年度中に建設業法令を改正して許可・経審の申請書類を簡素化する。政府の規制改革推進会議では、許認可に関する行政手続きのコストを20%削減することを各省庁に求めており、22年度からは電子申請へと移行し、年間13万件に上る許可・更新申請の負担をさらに軽減する。
 現在、許可・経審のシステムは、許可行政庁である国交省と都道府県が利用料を負担して運営されている。19年度中に費用負担について合意し、20・21年度の2カ年でシステム改修を進める。国交省の20年度当初予算の概算要求には電子申請化の関連経費に6000万円を盛り込んでいる。
 改正建設業法で20年10月1日に施行される新たな許可基準に基づく申請も電子申請で対応する。許可基準は1971年に許可制が始まって以来初めて見直される。社会保険加入の要件化や、経営業務管理責任者の要件緩和を図ることになっている。

オートデスク
大同機械
この年の国土交通省の発注予定案件 この年の国土交通省予算情報
国土交通省の公共事業ニュース
国土交通省の行政・建設経済ニュース
国土交通省の民間事業ニュース
国土交通省の入札公示情報
  • 関連する入札公示情報は存在しません。
国土交通省の入札結果情報
  • 関連する入札結果情報は存在しません。
リコークリエイティブサービス
  • 宮崎基礎建設
  • キクノ
マンション建替推進協会
マンション建替推進協会
能力開発研修センター
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

クロロガード工業会
インターテックジャパン
杉孝グループホールディングス
ハイパーRCD工法協会
潤王
シンフォニア
キッズウェイ

企画特集

タナベ経営
フジ建機リース
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報