18年度の直轄工事 落札率が3年連続上昇|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
アクティオ

18年度の直轄工事 落札率が3年連続上昇

2019/11/8 

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む データを購入する いいね ツイート
0

国土交通省が2018年度に契約した直轄工事の平均落札率が前年度比0・22ポイント増の92・52%となり、3年連続で上昇したことが分かった。建設コンサルタント業務の平均落札率も、3・3ポイント増の84・92%と3年連続で上昇した。18年度に契約した工事の件数は1・2%減の1万3399件、契約金額の総額は7・1%減の1兆7347億円だった。
 直轄工事の平均落札率は、低入札価格調査基準の引き上げの効果などもあり、ここ数年上昇傾向にある。13年度以降で見ると、15年度に工事いったんが低下したものの、その後は18年度まで3年連続で上昇している。
 落札率を部局別にみると▽地方整備局(港湾空港関係除く)=92・87%(0・31ポイント増)▽同・港湾空港関係=92・11%(0・09ポイント減)▽北海道開発局=93・60%(0・32ポイント減)▽航空局・地方航空局・地方運輸局など=88・43%(1・61ポイント減)―となった。
 このうち、地方整備局(港湾空港関係除く)の平均落札率は、中部地整が93・79%と最も高く、東北地整の93・43%、北陸地整の93・28%の順に高い。落札率が最も低かったのは九州地整の91・69%。ただ、前年度に比べると、地方整備局や部局間の落札率の差は縮小する傾向にある。
 入札不調の発生件数(入札不調後に再発注手続きを行い、18年度中に契約した工事件数)は469件で前年度より2・0%減少した。入札辞退が1者以上あった工事の件数は50・4%減の1042件、入札辞退者数も56・0%減の延べ2467件となるなど、大幅に減少した。
 建設コンサルタント関係業務の平均落札率も033ポイント増の84・92%となり、低入札価格調査基準の引き上げを背景として3年連続で上昇。契約件数は1万4412件と3件減で横ばい、契約金額は5・1%増の3903億円だった。



東部 トータルマスターズ
安城電機
この年の国土交通省の発注予定案件 この年の国土交通省予算情報
国土交通省の公共事業ニュース
国土交通省の行政・建設経済ニュース
国土交通省の民間事業ニュース
国土交通省の入札公示情報
  • 関連する入札公示情報は存在しません。
国土交通省の入札結果情報
  • 関連する入札結果情報は存在しません。
NDT
  • キクノ
  • イヤマトータルブリッジサポート
  • コア建築設計工房
建設工事ニュース、入札情報を網羅した建通新聞のご購読を!
マンション建替推進協会
能力開発研修センター
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

太陽建機レンタル
ビーベストワーク
インフィニテグラ
愛知産業大学
あさかわシステムズ

企画特集

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 予算情報