横浜市住供 旧保土ケ谷県税跡地に複合施設|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
太陽建機レンタル

横浜市住供 旧保土ケ谷県税跡地に複合施設

2020/2/27 神奈川

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む データを購入する いいね ツイート
0

横浜市住宅供給公社 旧保土ケ谷県税事務所跡地の複合施設イメージパース.jpg

横浜市住宅供給公社は旧保土ケ谷県税事務所跡地(横浜市保土ケ谷区)を横浜市から借り受けて、地域ケアプラザや保育所、賃貸住宅などを配した複合施設を建設する。8階建て延べ床面積2787平方bの規模で▽地域ケアプラザ▽保育所▽カフェ店舗▽内科(小児科)▽調剤薬局▽地域交流スペース▽賃貸住宅(高齢者向け、一般向け)―を設ける。市が2019年9月から進めていた価格固定プロポーザル(月額土地貸付料78万0839円、一般定期借地52年間)で跡地活用の事業予定者に選ばれた。20年度に設計をスタートし、21年度に既存建物を解体した上で複合施設の工事にも着手する予定だ。22年度内の完成、23年度当初のオープンを目指す。
 旧保土ケ谷県税事務所跡地はJR保土ケ谷駅東口駅前広場の近傍にある保土ケ谷区岩井町143ノ2の面積1102平方b。鉄筋コンクリート造3階建て延べ約1400平方bの建物が残っている。
 保土ケ谷駅周辺のまちづくりの一環で神奈川県から取得した市が、低層階への地域ケアプラザと保育所の配置や、駅西口エリアとの接続に配慮した施設計画などを条件付けて、跡地を活用する事業者を募っていた。
 市住供は駅東西の回遊性や地域の活性化などに配慮して、今回の複合施設を将来のデッキ接続を想定したものとする他、敷地内に広場も用意してイベントなどに活用できるようにする。設計、工事、管理運営の各業務分野で市内事業者を活用する予定。3月中に市と契約を結んで土地を引き渡してもらう。

堺電設 東部
タナベ経営
この年の横浜市の発注予定案件 この年の横浜市予算情報
横浜市の公共事業ニュース
横浜市の行政・建設経済ニュース
横浜市の民間事業ニュース
横浜市の民間公募情報
横浜市の開発情報
横浜市の入札公示情報
横浜市の入札結果情報
横浜市の民間建築情報
横浜市の解体情報
横浜市の不動産情報
関西みらい銀行
  • 日建産業
わくレポ!
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

ウイング
多摩都市モノレール
ビーベストワーク
愛知産業大学
自重堂

企画特集

わくレポ!
静岡銀行
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 予算情報