2024残業規制Eチームとして組織底上げ|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
レント

2024残業規制Eチームとして組織底上げ

2023/3/15 

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む データを購入する いいね ツイート
0

ワーク・ライフバランス取締役 浜田紗織氏

ワーク・ライフバランス取締役 浜田紗織氏

「働き方改革によって、自分の会社がどれだけ成長できるか楽しみにしている」―。そう話す地域建設業の経営者が現れてきたと、ワーク・ライフバランス取締役で、コンサルタントの浜田紗織氏は言う。時間外労働の上限規制に対応するとともに、人材の確保・育成に向けた働き方改革と生産性向上を建設業はどう進めるべきか。取り組みのポイントを聞いた。

 ―労働時間削減の要となる週休2日もまだ建設業では十分に行き渡っていません。課題をどうみていますか。
 「働き手が豊富にいて、厳しい就労環境が当たり前だった高度成長期に建設業は大成功した業種の一つだと言える。長時間労働と成功体験が一緒に記憶されている。時間をかけないと良いものは造れないと思っている人もまだいる。社会が変化する中、特に地域建設業は、地域で経営を持続することを社会的使命とし、変化に対応していかなければならない」
[一律の取組は失敗]
 ―改革を具体的にどう進めるべきですか。
 「よくある失敗に、一律での取り組みがある。パソコンを同時刻にシャットダウンしたり、ノー残業デーを設けたりするやり方だ。また、トップの考えも現場にはなかなか浸透しない。建設現場は一つとして同じではない。そして、働き方は社員一人一人の問題であり、各自が納得しなければうまくいかない」
 「そこで、どういう働き方をしたいかを、それぞれの部署や現場で社員が話し合い、ギャップを一つ一つ埋めていくべきだ。コアとなるのは、メンバーが自分たちで考え、働き方を変えること。職場が別の現場に変わっても、同じ考え方で対応できる」
 ―どういった職場づくりを目指すべきでしょうか。
 「特定の仕事を特定の人に属人化しないことが重要だ。人数が限られる一方、仕事の幅が広がっていく中、個人戦では対応できなくなる。チームとして底上げし、仕事を分担して回していけるようにしなければならない。できる人が仕事を抱えて残業するようなことは、2024年度以降は通用しなくなる」
 ―積極的に意見を出しやすい、職場の風通しも必要ですね。
 「若手の声をどれだけ聞けるかがポイントになる。働き方改革では、これまでの『当たり前』を疑うことが重要であり、若者にはそれができる。書類の重複の解消など、ちょっとしたことでいい。『ちょっと』を変えることが、後に大きく成長できるかどうかの分かれ目になる。職場の会議では、『心理的安全性』の確保も必要だ。例えば、誰の意見か分からないようにして、意見を付箋に書いて一斉に出してもいい」
[中小にこそ対応力]
 ―建設業の大半を占める中小建設業の働き方改革が急がれます。
 「建設業の現場は、想定外の事態が発生しても、何とか問題を解決し、完成にこぎ着ける。そういった対応は建設業が得意とするところだ。そんなプロフェッショナルな問題解決能力を働き方改革にも当てはめればいい。大企業と比べ、中小建設業の方が本来、変化への対応力が高いはずだ」

 はまだ・さおり 東急電鉄で施設建設の現場から、大型プロジェクトなどの事業戦略まで経験し、13年にワーク・ライフバランスに参画。建設・運輸・メーカー・行政などさまざまな職種の働き方改革でコンサルティングを行っている。3児の母。

東部
大同機械
この年のその他国関係の発注予定案件 この年のその他国関係予算情報
その他国関係の公共事業ニュース
その他国関係の行政・建設経済ニュース
その他国関係の民間事業ニュース
その他国関係の入札公示情報
  • 関連する入札公示情報は存在しません。
その他国関係の入札結果情報
  • 関連する入札結果情報は存在しません。
アーネストワン
  • イヤマトータルブリッジサポート

PR

建設システム
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

ALINCO
システムズナカシマ

企画特集

  • Catch-up

    Catch-up
    働き方改革、デジタル化、カーボンニュートラル…。Catch-upでは建設産業を取り巻く話題、最新の法改正などの動向をタイムリーに紹介しています。

  • 連載「脱炭素のホンネ」

    連載「脱炭素のホンネ」
    改正建築物省エネ法の成立は、建築分野の脱炭素化に向けた大きな一歩となった。新築建物については種類を問わず、省エネルギー基準への適合が義務化されることとなった。だが、ある“難題”がまだ立ちはだかっている。

  • インフラメンテナンス 次の10年

    インフラメンテナンス 次の10年
    9人の尊い命を奪った中央道の笹子トンネル天井板崩落事故から10年がたった。国の調査委員会が「わが国において例を見ない」と形容したこの悲劇をきっかけに、インフラ保全の重要性が改めて強く認識され、日本のメンテナンス行政は大きく動いた。

  • いまから備えるインボイス

    いまから備えるインボイス
    2023年10月以降、事業者が発行する請求書等は適格請求書等(インボイス)になります。建設業もいまから対応に向けた準備が必要です。

入札情報をメールで受け取ろう!!

2,944機関
受付中案件数
3,131 件
本日の入札件数
0 件
昨日の新着件数
1,347 件
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報