「4週8休」現場が増加 閉所は適正工期が重要に|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

「4週8休」現場が増加 閉所は適正工期が重要に

2024/4/22 

最新情報をメールで受け取る DB会員に申し込む データを購入する いいね ツイート
0

日建協アンケート.jpg

日本建設産業職員労働組合協議会(日建協)は、加盟組合の工事作業所を対象に2023年に行った労働環境アンケートの結果をまとめた。「4週8休以上」の現場は建築が53・2%、土木が74・1%で、いずれも前年より増加した。「4週8閉所」の現場は土木で増加した一方、建築でわずかに減少。建築で土曜閉所を実現するには「適正工期での受発注」が重要との意見が最多だった。
 建築で8閉所以上だったのは33・3%で、前年比1・4ポイントのダウン。発注者別では、国や自治体など官庁の工事で「8休」「8閉所」のいずれも進展が見られた。一方、民間はまちまち。特に不動産業で「8休」と比べて「8閉所」の取り組みが進んでおらず、現場を稼働させながら職員の休日を確保している現状をうかがわせた。
 土木で8閉所以上だったのは57・3%で、前年比6・8ポイントアップ。建築と比べると24・0ポイント高い水準となった。官庁、民間ともに「8休」「8閉所」の進展が見られた。国交省の発注工事では、特に東北、四国地方整備局で取り組みが進んた。
 24年に「4週8閉所」が「実現する」と回答した割合は建築が23・4%、土木が44・8%で大きな乖離(かいり)があった。建築・土木のいずれも、実現には適正工期による受発注が重要だとする意見が多数となった。実現困難な理由には「厳しい工期設定」に加え、建築では「技能職員不足による現場職員の対応増加」、土木では「夜間・休日作業等施工条件の制約」が多かった。
 「4週8閉所」に対して発注者の理解が「あまりない」「全くない」という回答は建築が32・5%、土木が23・8%。特に不動産業が発注者の建築では43・7%と半数近くを占めた。
 24年4月から適用された時間外労働の上限規制についても質問した。順守「できる」は建築が37・5%、土木でも48・6%で、いずれも半数に届かなかった。順守が困難な理由には「技能者不足による現場職員の対応が増加」が建築・土木とも最多で、次いで「書類業務が多い」だった。
 工期に大きな影響を及ぼす着工遅延の責任の所在を聞くと、「発注者」が建築で50・8%、土木で70・5%を占めた。主な理由を見ると、建築は「届け出等の申請の長期化」、土木は「作業場所の引き渡し遅延」だった。
 アンケートは、土木の971作業所(うち国交省発注は177作業所)と建築の832作業所(国交省発注は7作業所)で23年9月に行った。日建協は今後、アンケート結果を基に官民の発注者や建設業団体に提言活動を行う。

東部
RX Japan
  • 四国建販
  • ダイナナ

PR

新東通信
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

ALINCO
ジロー
システムズナカシマ

企画特集

  • <font color="ff0000;"><b>[New]</b></font>Catch-up

    [New]Catch-up
    働き方改革、デジタル化、カーボンニュートラル…。Catch-upでは建設産業を取り巻く話題、最新の法改正などの動向をタイムリーに紹介しています。

  • 連載「脱炭素のホンネ」

    連載「脱炭素のホンネ」
    改正建築物省エネ法の成立は、建築分野の脱炭素化に向けた大きな一歩となった。新築建物については種類を問わず、省エネルギー基準への適合が義務化されることとなった。だが、ある“難題”がまだ立ちはだかっている。

  • インフラメンテナンス 次の10年

    インフラメンテナンス 次の10年
    9人の尊い命を奪った中央道の笹子トンネル天井板崩落事故から10年がたった。国の調査委員会が「わが国において例を見ない」と形容したこの悲劇をきっかけに、インフラ保全の重要性が改めて強く認識され、日本のメンテナンス行政は大きく動いた。

  • いまから備えるインボイス

    いまから備えるインボイス
    2023年10月以降、事業者が発行する請求書等は適格請求書等(インボイス)になります。建設業もいまから対応に向けた準備が必要です。

入札情報をメールで受け取ろう!!

2,954機関
受付中案件数
3,856 件
本日の入札件数
422 件
昨日の新着件数
0 件
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報