著作権について|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
かん助 褐叶<Jレッジ

ホーム > 電子版について > 著作権について

著作権について

著作権の帰属先

建通新聞社の新聞紙面・ホームページに掲載されているコンテンツおよび販売しているデータの著作権は、建通新聞社および情報提供者に帰属しています。コンテンツとは情報内容すべてに該当し、記事、写真、画面イメージ、イラストなどの文字・画像、動画、音声なども含みます。個々のコンテンツおよび販売データの著作権のほか、総体としてホームページという形で編集したことによる編集著作権も建通新聞社にあります。

著作権の取り扱い

コンテンツおよび販売データは、建通新聞社に許可なく転載、複製、翻訳、翻案、放送、公衆送信、出版、販売、貸与などの行為をすることができません。建通新聞社以外の著作権者がいる場合、著作権者の許諾も必要となります。非営利団体、個人ホームページで無断転用をした場合も、著作権侵害に該当します。

コンテンツの改変

ホームページのコンテンツを要約変更した内容も、無断転用した場合は著作権法上の問題となります。

引用の範囲

著作権法上で認められた「引用」とは報道、批評、研究その他の目的で出所と引用部分を明らかにし、目的上正当な範囲内で記事の一部を使用することです。量・質ともに引用先が「主」、引用部分が「従」の関係になっていて、本文と引用部分が明らかに区別できることが条件となります。これらの条件が満たされていない場合は、著作権法で認められる引用とはなりません。

免責

ホームページのコンテンツおよび販売データは著作権法に基づく使用とし、建通新聞社に帰属しないものやプライバシー等のトラブルで発生した損害賠償問題等の責任は使用者が負うものとし、建通新聞社はホームページを使用することから生じるいかなる損害にも責任を負いません。

企業・官公庁などでのクリッピングについて

新聞紙面から必要な記事を切り抜き、コピー(複写)して関連部署に配るなどのクリッピングを実施される場合は建通新聞社の承諾を得ていただくことになります。

<記事のコピー>

建通新聞の切り抜きをコピーして、社内で会議資料などとして不定期にお使いになる場合も、原則として当社の許諾を得ていただくことが必要です。

なお当社は、公益社団法人日本専門新聞協会加盟各社が加わる出版社著作権管理機構(JCOPY)を通じて、単発的な少部数(1回20部以内)の複写は公益社団法人日本複製権センターに権利行使を委託していることから、少部数の場合は公益社団法人日本複製権センターと契約され、それ以上の複写部数については下記に問い合わせを下さい。

[お問い合わせ先]
株式会社建通新聞社 総務局
静岡市駿河区豊田1−9−34
TEL 054-288-8111

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 コラム 建築データ 予算情報