【徳島県】小松島ニュータウン津波避難施設が完成 住民の生命を守る「命山」|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]

ホーム > 特集 > 完成特集 >【徳島県】小松島ニュータウン地区津波避難施設が完成

【徳島県】小松島ニュータウン地区津波避難施設が完成

(仮称)小松島ニュータウン地区津波避難施設

(仮称)小松島ニュータウン地区津波避難施設2


8月から供用開始

 小松島市が建設した西日本で初めての独立盛土形式の津波避難施設「小松島ニュータウン地区津波避難施設」が概成、8月から供用開始する。南海トラフ巨大地震の発生時に襲来が予想されている、最大高さ(津波基準水位)3.4bの津波に備えて、頂上部分に920人収容可能な避難広場を設けている。
海抜6.6b、地上面からの高さ5.5bで、頂上の避難広場の面積は460平方b。盛土量は約7000立方bで、大きさは46.6b×46.9bの正方形状。斜面の勾配を1対1.8以下にして、土が安定する勾配を確保している。
斜面は、土の流出を防ぐため、津波による土の流失を防ぐ工夫を凝らし、地上面〜斜面〜上部まで、全体を盛土部分を強固なセメント改良土で覆う形とし、さらには、芝で保護している。
頂上部分に至るルートとして避難階段(丸太階段)を2方向に配置、このほか車椅子と高齢者用のスロープ、ソーラー照明、手摺りを設けている。


(仮称)小松島ニュータウン地区津波避難施設3

(仮称)小松島ニュータウン地区津波避難施設4



西日本初の独立盛土形式「命山」(通称・いのちやま)

 最大高さ(津波基準水位)3.4bの津波襲来時には、避難広場に加えて、浸水面より上部の空間として水面上に残るスロープや斜面を使うことで、小松島ニュータウン地区の住民約2140人の大半の収容も想定、まさに住民の生命を守る命山=iいのちやま)となる予定だ。
工事は、液状化対策で深層混合処理による地盤改良を深さ約17bまで実施、盛土材料には国交省と徳島県が発注した工事で生じた建設発生土を利用した。沈下を防ぐために地盤改良を行った地盤面上に台地状の山を築いている。
工事費は約1億5000万円。工期は2015年5月21日〜16年7月29日(予定)まで。
施工は松本建設(小松島市)が担当した。

(仮称)小松島ニュータウン地区津波避難施設5



  • 整備工事  株式会社松本建設
  • 盛土土工  株式会社四建
  • 階段・照明サイン・防護柵  大久保産業株式会社
  • 土砂分別工 株式会社オオタ
  • 土工    株式会社鷹鉾組


東部 オートデスク
技研製作所
建設工事ニュース、入札情報を網羅した建通新聞のご購読を!
日本総合住生活
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

企画特集

シーティーエス2
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 コラム 建築データ 予算情報