【愛媛県】整備進む松山外環状道路 インター線全線完成へ|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
ライトアップ

ホーム > 特集 > 完成特集 > 【愛媛県】整備進む松山外環状道路 インター線全線完成へ

 

古川〜市坪間が2016年12月10日から供用

供用する古川ICから市坪IC間(1.8km)


 国土交通省、愛媛県、松山市が三位一体で整備を進めている松山外環状道路のうち、インター線(延長4.8キロ)で最後まで未供用となっていた古川インターチェンジ(IC)から市坪IC間1.8キロが2016年12月10日に供用され、インター線の自動車専用道路区間4.8キロが全線供用する。今回の供用により本線は全線で供用となるが、今回開通区間の側道(一般道)整備は今後も引き続き行われる。


 

側道整備は今後も継続

 

 松山外環状道路は、松山自動車道松山ICから松山空港や松山港を結ぶ8.6キロの環状道路。自動車専用道路を高架とし、両側に一般道の側道を整備。松山ICから国道56号間の延長4.8キロを「インター線」、国道56号から松山空港間の3.8キロを「空港線」として整備。
インター線は、2004年4月に事業化、05年度から用地買収、07年度から工事着手しており、14年3月に国道33号や松山IC付近の井門ICから古川IC間(延長1.2キロ)が供用。15年3月には市坪ICから余戸南IC間(延長1.8キロ)が供用され、中間区間の古川ICから市坪IC間1.8キロが残されていた。本線となる自動車専用道路区間4.8キロは全線が供用となるが、今回開通区間の側道(一般道)整備は今後も引き続き行われる。
一方、空港線の国道56号から松山空港間3.8キロは、09年3月に事業化され整備が着々と進められており、国道56号から松山空港までの2.4キロの側道が17年10月から開催されるえひめ国体までの供用を見込み工事が進められている。

松山外環状道路の全体図


外環状の外観

オートデスク 東部
技研製作所
建設工事ニュース、入札情報を網羅した建通新聞のご購読を!
根本
ヒューマンタッチ
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

アクト
サンコーテクノ

企画特集

シーティーエス2
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 コラム 建築データ 予算情報