小型の海水淡水化装置で工事現場の【今】を変える|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社 中央

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
二十一設計

 

 沖縄県うるま市に本社を置くワイズグローバルビジョン株式会社(沖縄県うるま市、柳瀬良奎社長、098-923-1432)は、「安全で美味しい水を世界中に届ける」という事を理念に、日々開発を続けている水関連製品の製造販売会社だ。

 
 これまで技術的な問題により大型にならざるを得なかった淡水化装置を、ワイズグローバルビジョンは独自開発のハウジングケースを使用することにより、これまでにない程の小型化を実現した。 しかも小型化のみならず、浄水飲用レベルを満たし、99.6%以上の塩分を除去する。
そのワイズグローバルビジョンの海水淡水化装置MYZシリーズは、一時間40ℓ造水可能な最小タイプから一時間250ℓ、500ℓの造水が可能な製品までを基本ラインナップとしており、顧客のニーズに合わせて、それ以上の造水にも対応可能だ。
 
 これまでには有りえなかった、持ち運び可能な淡水化装置の登場は、発展途上国を始めとした水不足の地域は勿論のこと、様々な建設現場にも大きな変化を与える可能性がある。
 
 
  中でも特に注目したいのは、ワイズグローバルビジョンが提案する一時間に100ℓの真水を造水可能な「MYZ E-100」と貯水タンク(200ℓ)、高圧洗浄機をセットにした「洗浄用キット」である。(下図参照)
 
 
 ワイズグローバルビジョンは本年度、海洋土木建設業者や機器レンタル会社への販売を積極化し、年間販売台数1,000セットを見込んでいる。
 
 
 ご存じのように海沿いの現場では、塩害により大切な機材があっという間に錆びつき、駄目になってしまうため、建機レンタルの会社であっても貸し出しを拒むケースが見られる。高額な機材を長持ちさせるためには、現場で付着した海水等をいかに素早く洗い流すかが重要である。
そこでワイズグローバルビジョンのMYZシリーズを活用すれば、海からその場で真水を確保することが可能となり、洗浄までの時間に頭を悩ませる必要は無くなる。建機レンタル会社であれば当製品を購入し、他の重機と一緒に貸し出すといったオプションも提案出来るだろう。
 
 また浄水された水は非常に美味しく、厚生労働省が定める水道法の基準値をクリアしているため、機材の洗浄目的だけではなく、作業員の飲み水を海水から確保することも可能であり、当製品を活用することで得られるメリットは多い。
 
 MYZシリーズはRO(逆浸透膜)方式で動力は電気、ガソリン、ディーゼルエンジンでの駆動が可能。先述した洗浄用キットは160万円から販売する。導入し易いリースでの提供も開始する。
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実際に使用する様子(動画)もワイズグローバルビジョン株式会社のホームページ(http://ysgv.jp/products/op/construction)から確認可能である。
 

 

オートデスク 東部
潟tァインリンクス
建設工事ニュース、入札情報を網羅した建通新聞のご購読を!
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

FLA
なつみ
ユウキ建設

企画特集

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
施工管理の派遣 入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 予算情報