市立美術館改修設計は日建設計 博物館機構|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞
建通新聞

ログイン

伊賀市役所

市立美術館改修設計は日建設計 博物館機構

2020/8/17 大阪

改修を予定する市立美術館

改修を予定する市立美術館

大阪市博物館機構は、市立美術館の大規模改修に向け、基本設計業務の公募型プロポーザルを実施。最優秀提案者として日建設計(大阪市中央区)を特定した。次年度に予定する実施設計については同社に委託する予定だが、実施設計・施工を一括で行うデザインビルド(DB)方式での発注も検討する。工事監理業務については別途発注する予定だ。工事は2022〜23年度の2カ年で進め、24年度中のオープンを目指す。
 同社の提案では、市民に開かれた建物とするため、てんしばや動物園などとの動線をグレートホールでつなぐとともに、バリアフリー化にも配慮。また、文化財としての価値と新しい魅力を調和させたことが高い評価を受けた。プロポーザルには同社を含め計2者が参加していた。
 対象となる既存施設の規模は、本館(1936年完成・登録文化財)が鉄骨鉄筋コンクリート造地下1階地上3階建て延べ1万2726平方b、地下展覧会室(1992年完成)が鉄筋コンクリート造地下3階地上1階建て延べ4885平方b。敷地面積は8万3202平方b。
 想定する改修工事の概要は、本館が▽多目的講堂の整備▽老朽化に伴う設備の更新▽展示室空間の仕様の改善▽バリアフリーを意識した改修▽カフェ・トイレなど利用者施設の整備▽登録文化財として外観や一部内部空間の保存再現―など。地下展覧会室では老朽化に伴う設備更新など。
 同機構では、大阪市が新たに建設を進める大阪中之島美術館などとの連携を進めるため、大規模改修工事を計画。美術館のコンセプトや展示の在り方を踏まえ、改修内容の精査と設計条件の整理を進めている。

いいね 0 ツイート
いいね 0 ツイート
大阪市の新着公示案件が 39 件あります
大阪市の新着入札結果が 3 件あります
BlueRevs
この年の大阪市の発注予定案件 この年の大阪市予算情報
スマホ記事中バナーC
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら
カタログカタログ