コラム|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞
建通新聞

ログイン

日本建設情報センター

コラム

建通新聞社では、建設業に詳しい専門家や著名人、経営者などが執筆したコラムを集めています。
経営や技術、法改正など旬のテーマを取り上げていますので、今後の経営改善などの参考にしてください。

Catch-up 老朽化対策はどう進んだ?

2012年12月2日、中央道笹子トンネルの換気ダクトに設置されていた天井板の崩落により、9人の尊い命が失われた。インフラの老朽化の実態を社会全体に知らしめることになったこの事故が発生し、今年で10年目を迎えた。  笹子トンネル事故が発生した12年度の公共事業費(12年度当初予算)は、政府全体で4・6兆円。公共事業費がピークだった1997年度の9・8兆円と比べると、半分以下に落ち込んでいた。

続きを読む

いまから備えるインボイス【第5回】     元請けに建設業法違反の恐れ?

Q.建設業で懸念される問題とは?  A.インボイス制度において、下請け事業者が免税事業者である場合には、元請け事業者が消費税を控除できなくなる点が問題となります。  元請け事業者などがこうした問題を解消するために、「下請け事業者に消費税を請求させないようにする」「無理やり適格請求書等発行事業者になることを選択させる」「さもなければ取引をしない」といった対応をとることも懸念されます。

続きを読む

執筆者プロフィール

Liens税理士・行政書士事務所(東京都新宿区)      代表 税理士・行政書士齋藤 幸生

齋藤 幸生
Liens税理士・行政書士事務所(東京都新宿区)      代表 税理士・行政書士
 

いまから備えるインボイス【第4回】     交付が免除される取引とは?

Q.交付義務が免除される取引とは? A.主に建設業特有の経費処理における書類について確認してみましょう。交付義務が免除される取引のうち、建設業特有の取引に絞って解説します。 以下の取引では適格請求書などの交付が困難であるため、交付義務が免除されます。

続きを読む

執筆者プロフィール

Liens税理士・行政書士事務所(東京都新宿区)      代表 税理士・行政書士齋藤 幸生

齋藤 幸生
Liens税理士・行政書士事務所(東京都新宿区)      代表 税理士・行政書士
 

あなたの知識やノウハウなどを建通新聞社ホームページで伝えてみませんか?
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら
静岡ブルーレヴズ