コラム|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞
建通新聞

ログイン

日本建設情報センター

コラム

建通新聞社では、建設業に詳しい専門家や著名人、経営者などが執筆したコラムを集めています。
経営や技術、法改正など旬のテーマを取り上げていますので、今後の経営改善などの参考にしてください。

海釣りから建設業の戦略的マーケティングを考える(9)

漁場に到着したら、いよいよ実釣である。竿を取り、餌を投入し、準備してきたイメージに基づき、想定したタナを取り、アタリを探っていく。思惑通りにすぐに釣れることもあれば、なかなかアタリが取れないこともある。何度か試してみてうまくいかないようであれば、タナや誘い方、仕掛けを変えるなどして、その日の釣れる釣り方を探っていくのである。

続きを読む

執筆者プロフィール

齋藤 昭彦

齋藤 昭彦
株式会社日本コンサルタントグループ 建設産業研究所 経営コンサルタント 齋藤 昭彦  学卒後、株式会社内田洋行入社。首都圏第2営業部にて公共・大学営業担当、のち金融営業部にてメガバンク営業担当。2014年公益財団法人さいたま市産業創造財団へ入職。創業・経営改善支援担当、医療・国際展開支援担当、オープンイノベーション推進チームリーダーなどを経て日本コンサルタントグループ入社、現在に至る。
 

海釣りから建設業の戦略的マーケティングを考える(8)

全9回の連載で「釣り」を題材に中小建設業の戦略的なマーケティングを解説している。今回からは第4ステップとして具体的な活動計画と営業活動について論じる。

続きを読む

執筆者プロフィール

齋藤昭彦

齋藤昭彦
株式会社日本コンサルタントグループ 建設産業研究所 経営コンサルタント 齋藤 昭彦  学卒後、株式会社内田洋行入社。首都圏第2営業部にて公共・大学営業担当、のち金融営業部にてメガバンク営業担当。2014年公益財団法人さいたま市産業創造財団へ入職。創業・経営改善支援担当、医療・国際展開支援担当、オープンイノベーション推進チームリーダーなどを経て日本コンサルタントグループ入社、現在に至る。
 

海釣りから建設業の戦略的マーケティングを考える(7)

続いては、マーケティングミックスの検討である。マーケティングミックスとは、マーケティング戦略に基づき、顧客に対して展開する製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、営業・販促活動(Promotion)の組み合わせであり、それぞれの頭文字を取り4Pと呼ばれる。これらの要素を市場および顧客のニーズに合わせて、いかに組み合わせて展開していくかを検討する。

続きを読む

執筆者プロフィール

齋藤昭彦

齋藤昭彦
株式会社日本コンサルタントグループ 建設産業研究所 経営コンサルタント 齋藤 昭彦  学卒後、株式会社内田洋行入社。首都圏第2営業部にて公共・大学営業担当、のち金融営業部にてメガバンク営業担当。2014年公益財団法人さいたま市産業創造財団へ入職。創業・経営改善支援担当、医療・国際展開支援担当、オープンイノベーション推進チームリーダーなどを経て日本コンサルタントグループ入社、現在に至る。
 

あなたの知識やノウハウなどを建通新聞社ホームページで伝えてみませんか?
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら
動画掲載について