コラム|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞
建通新聞

ログイン

日本建設情報センター

コラム

建通新聞社では、建設業に詳しい専門家や著名人、経営者などが執筆したコラムを集めています。
経営や技術、法改正など旬のテーマを取り上げていますので、今後の経営改善などの参考にしてください。

Catch-up 住宅にも省エネ適合を義務化

改正建築物省エネ法が6月に成立した。改正法の柱の一つは、住宅や小規模な建築物を含めて全ての新築建物に省エネルギー基準への適合を3年以内に義務化することだ。それ以降も、省エネ基準そのものの段階的な引き上げや、建物を販売・賃貸する際の省エネ性能表示の強化を予定している。

続きを読む

JAPIC国土造りプロジェクト構想     B鎌倉の交通改善プロジェクト

鶴岡八幡宮など歴史的遺産が豊富に存在する古都鎌倉は、年間2000万人の観光客が訪れる国際的観光地となっている。しかし、山と、由比ガ浜海岸や材木座海岸に囲まれた狭いエリアに観光客が集中し、休日には激しい交通渋滞が発生。市民の生活環境が悪化し、緊急車両の通行にも支障をきたしている。一方、相模湾に面し、津波対策の課題も抱える。

続きを読む

Catch-up 「優越Gメン」が発足

公正取引委員会は5月、独占禁止法上の「優越的地位の濫用」を防止する「優越Gメン」を16人体制で発足させた。活動の主なターゲットの一つは、労務費や原材料費、エネルギーコストの上昇分の転嫁拒否だ。「総合工事業」を含め、疑わしい事案が発生していると見込まれる22業種を対象として、6月から緊急調査を進めている。

続きを読む

人と建設と未来ラボ
あなたの知識やノウハウなどを建通新聞社ホームページで伝えてみませんか?
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら
静岡ブルーレヴズ