大阪市 淀川左岸線2期区間を新技術実証に|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞
建通新聞

ログイン

大阪市 淀川左岸線2期区間を新技術実証に

2023/12/5 大阪

淀川左岸線(2期)整備工事を進めている大阪市は、建設中区間を「未来社会の実験場」のフィールドとして提供する。2025年大阪・関西万博の会期中、シャトルバスや緊急車両などのアクセスルートとしての暫定的な供用に向け、舗装や盛土などの道路施設、防護柵などを設置し、万博終了後に撤去する計画だ。

いいね 0 ツイート

このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録かログインが必要です。

BlueRevs
大阪市の新着公示案件が 1 件あります 大阪市の新着入札結果が 2 件あります
この年の大阪市発注予定案件 この年の大阪市予算情報
スマホ記事中バナーC
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら
カタログカタログ