【静岡県】君は太平洋を見たか 僕は日本海を見たい 新清水JCT〜富沢IC間開通|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
加藤金物

ホーム > 特集 > 完成特集 > 【静岡県】新清水JCT〜富沢IC間開通 (中部横断自動車道)

 

【静岡県】新清水JCT〜富沢IC間開通 (中部横断自動車道)

中部横断自動車道新清水JCT〜富沢IC開通


「君は太平洋を見たか 僕は日本海を見たい」

静岡市を起点に、山梨県甲斐市を経由し長野県小諸市を結ぶ中部横断自動車道(総延長132`)のうち、新清水JCT〜富沢IC間20.7`(静岡県側11.4`、山梨県側9.3`)が、3月10日、開通した。東名・新東名高速道路、中央自動車道、上信越自動車道と接続されることで、太平洋と日本海の臨海地域、静岡・山梨・長野県では、観光、産業、文化、防災、救急など多種多様な面で大きな期待が寄せられ、重要な役割を果たすことが期待されている。
「昭和」の時代に構想化し、「平成」の時代に構想が具現化。そして、「新たな時代」に全線が開通することで、中部横断自動車道のキャッチフレーズ「君は太平洋を見たか 僕は日本海が見たい」が現実となる。


 

中部横断自動車道開通式典

 

【開通までの主な道のり】
●1982(昭和57)年5月 静岡、山梨両県と関係市町村が中部横断自動車道甲府・清水線建設促進期成同盟会発足
●1987(昭和62)年9月 新清水JCT〜佐久小諸JCT間132`、予定路線決定
●1996(平成8)年12月 新清水JCT〜増穂IC間、整備計画決定
●1998(平成10)年12月 新清水JCT〜増穂IC間、施行命令
●2008年度 静岡県境から富沢IC間、用地取得着手
●2019(平成31)年3月 新清水JCT〜富沢IC間開通
●2019年度 静岡〜山梨間全線開通予定


中部横断自動車道開通式典に450人
静岡県と山梨県を結ぶ中部横断自動車道の新清水ジャンクション(JCT)〜富沢インターチェンジ(IC)間20.7`が10日、開通した。開通に先立ち、静岡市清水区で行われた開通式典には、石井啓一国土交通大臣、川勝平太静岡県知事、長崎幸太郎山梨県知事ら来賓、地元・施工関係者ら約450人が出席した。
石井国交相は、日本海と太平洋をも結ぶ重要路線と位置付け、救急物資を輸送する『命の道』としての役割を強調した。川勝静岡県知事は「ふじのくにの表玄関と奥座敷を結び、静岡と山梨が連携し一体感が生まれる」とし、長崎山梨県知事も「静岡、中京圏との交流が活発化する。一日も早い全線開通が望ましい」と述べた。また、主催者を代表して、中日本高速道路の宮池克人社長が「産業や文化がつながることで、地域がさらに活発化する」とあいさつした。
この後、渥美泰一静岡県議会議長や田辺信宏静岡市長らによる万歳三唱、来賓や地元小学生による「はさみ入れ」「くす玉開き」、会場を新清水JCT、富沢料金所付近に移して、通り初めパレード、開通祝賀看板除幕式を行った。
また、同日、山梨県の下部温泉早川IC〜六郷IC間8.4`部分も開通し、関係者によると、未開通区間の富沢IC〜南部IC間6.7`は夏ごろ、南部IC〜下部温泉早川IC間13.2`は2019年度中の開通を目指している。


開通式典であいさつする石井国交相

東部
MetaMoji
静岡銀行
丸栄コンクリート工業
アイアンドアイ
名鉄観光
建設物価調査会
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

長谷工リフォーム
日本キャタピラー
クロロガード工業会
日研トータルソーシング
潤王
インフィニテグラ
システムズナカシマ

企画特集

タグハーツ
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報