人材育成は未来への投資(第4回)|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
おおはる商産

ホーム > 特集 > 特集 > 人材育成は未来への投資(第4回)

(2019/03/27)

 

人材育成は未来への投資(第4回)

 

 群馬県建設業協会は、ICT活用工事(土工)の全工程を学ぶことができる「ICT土工研修」を2017年度から開催している。この取り組みは、生産性向上にも必要な技術・技能の学びを促す、国土交通省の「中小・中堅建設企業等の建設リカレント教育等支援事業」でモデル事業にも選定されている。地域単位での技術者育成に注力する青柳剛会長に、技術者の生涯教育のあるべき姿を聞いた。

 

群馬県建設業協会 青柳剛会長

―計画的な研修の重要性を説かれています。
「地方の建設業は、公共工事の事業量の増減に応じて年度ごとの仕事を組み立ててきた。しかし、人材育成は複数年度にまたがる計画的な取り組みだ。人口減少による人材不足が深刻化している今、場当たり的な人材育成から脱却しなければいけない。景気が悪いときも社員を育て、未来に投資するという経営者の覚悟が問われる」
「学生を採用しようとするとき、研修メニューをきちんと提示できないと、就職先に選んでもらうのは難しい。また、研修の実効性が乏しければ、たとえ就職しても定着してくれない。将来どんな技術者になれるか、というキャリアパスを示すことは極めて重要だ」

―地域単位での技術者育成に力を入れる狙いを聞かせてください。
「個々の企業にできることには限界がある。社員を群馬県から東京都に送り出して研修を受けさせるには、建設企業に一定程度の余力が要る。そこで講師を群馬県に呼び、計画的な研修を提供できるようにしたいと考えた。個社では難しくとも、協会を通じてコストとリスクを分散すれば実現できる。群馬県内のどこからでも1時間ほどで来られる群馬建設会館を学びの拠点として、多忙な技術者も無理なく研修を受けられる環境を整えていく」

―技術者の生涯教育をどのように進めればよいとお考えですか。
「研修は、先輩の背中から学ぶ『O-JT』と、計画的な研修の『Off-JT』、習得した技術に対する『評価』の3角形で成立する。従来の建設業の技術者育成はO-JTに偏り過ぎていたのではないか。ICT活用工事をはじめ、新しい技術は先輩の背中を見ているだけでは身につかない。技術者としての原理原則を学んでほしいし、コミュニケーション能力も身につけてほしい」
「その一方で、キャリアに応じた研修内容を提供することも重要だ。17年、18年に行ったICT土工研修は、入職から3〜5年目を対象とした。今後は10年生くらいを対象に、工期とお金、工程管理をメインに据えた研修を提供することも考えている」
「研修して、それで終わりにしてはいけない。『フォローアップ研修』を開き、学んだことを企業内でどのように水平展開しているかをヒアリングしている。また、複数社に跨がる研修を開けば、技術者どうしの横の連携を促すこともできる。優れた技術を互いに学び合うことで、一層のレベルアップが期待できる」

―建設系CPDなどの継続学習の仕組みは、技術者教育にとってどのような意味を持つとお考えでしょうか。
「学びの蓄積を第三者的に評価する仕組みは、技術者の大きな励みとなるのではないか。技術者のステップアップを補助するツールの一つとも言える。ただ、技術の研さんは、自身の血肉となったかどうかが最終的な評価。それに資するような研修を提供していかなければならない、とも考えている」

 

フジ建機リース
レンタルのニッケン
能力開発研修センター
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

ALINCO
豊神
アイフォーコム・スマートエコロジー
インフィニテグラ
マンション建替推進協会
フォーラムエイト

企画特集

  • 祝・横浜市公共建築100周年<8月号> 横浜ファンを拡大せよ

    祝・横浜市公共建築100周年<8月号> 横浜ファンを拡大せよ
    横浜市の行政組織に建築営繕を行う「建築課」が誕生して100年。公共建築と、その整備に携わる技術者らを取材。これまでの歴史と思いを紹介する。

  • Catch-up

    Catch-up
    働き方改革、デジタル化、カーボンニュートラル…。Catch-upでは建設産業を取り巻く話題、最新の法改正などの動向をタイムリーに紹介しています。

  • 世界最大級の木造建築物となる大屋根(リング)を中心にさまざまなパビリオンが配置される(提供:2025年日本国際博覧会協会)

    大阪・関西万博開催まであと1000日
    大阪・関西万博の開催まで1000日を切った。『未来社会の実験場』をコンセプトに、空飛ぶクルマなど最新技術の社会実装が予定され、国と大阪府市、民間が一体となった会場・インフラ整備がいよいよ本格化する。

  • 「1.5℃の約束」キャンペーン開始 SDGs達成には建設業界の行動不可欠

    「1.5℃の約束」キャンペーン開始 SDGs達成には建設業界の行動不可欠
    国連が全世界で推進するSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け、多くのメディアと連携して、最も危機的な状況にある気候変動問題への意識の高まりと行動の変容を促す「1・5℃の約束」キャンペーンが6月17日に始まった。

  • いまから備えるインボイス

    いまから備えるインボイス
    2023年10月以降、事業者が発行する請求書等は適格請求書等(インボイス)になります。建設業もいまから対応に向けた準備が必要です。


  • .

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース 商品案内 ネット広告 建設人 予算情報